もう虚しいダイエットともさようなら、人の目も人の評価も気にしない。これからは「自分の人生」をどこまでも力強く生きる

オオマルバノホロシ 花言葉:「騙されない」「あなたを欺かない」

はじめに・・・・・・
 私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
 尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

おはようございます。ASINIです。

最近はとても身体も心も調子よく、自分を高めることに専念できてきました。
明け方に神様へ祈り、御言葉と聖書を読み、大好きな山野草雑草を探して野山を散歩し図鑑とにらめっこ。ヘタの横好きのウクレレを手に取り練習、そしてちびすけのいない時間を見計らって体力づくり・・・もう大忙しです。
大忙しですが、とても充実し楽しい毎日です。

それもこれもRAPTさんのRAPT理論に出会って、神様の御言葉に出会って、人生を成功に導く方法とそのための努力の仕方をこと細かく教えてもらったから・・・・・・。

今までの私は、「本当に自分のため」に努力したことがなく、あれやこれやと理由をつけては周りの人に合わせ自分のやりたいことは捨て、諦めてきた日々でした。自分が好きな人のために役に立ちたい。そんな想いを抱いてそのために努力する毎日。もちろんそんなものは自分の個性や才能に合う訳が無く、精神も身体も擦り切れさせる日々。

そんな日々の中で私は【過食症】という摂食障害に陥りました。

摂食障害の中で【拒食症】というのは有名ですね。過度なダイエットや自意識の末、太るのを恐れるがあまり、食べる事そのものが恐怖となり【食べる】ということが出来なくなる病です。単に「太りたくないから食べたくない」ではなく、食べることが本当に怖くなる病気だそうです。なので、その精神(こころ)を治すことが先決で、ムリに食べさせようとしても身体が受け付けず、栄養不足で衰弱し亡くなっていく方が多い病です。

その逆に【過食症】とは、自分の受けたストレスを解消する為に【食べること】に走り、いつしか食べることをやめられなくなる病です。この過食症は栄養不足からもなることがあるそうですが、他に精神的なスイッチもあるそうです。それは「愛情不足」だといわれています。愛情に飢え満たされない心を美味しいもので満たそうとしてしまうらしいです。

その症状とは、どこまでも「食べる」こと。テレビでよく見る「大食いタレント」と呼ばれる人たちもこの「摂食障害」を患っている人が多いといわれています。

私の場合だと、夕食をおなか一杯に食べても1時間後には小腹が減り、2時間過ぎると空腹で胃痛がしました。なのでその胃痛を和らげる為にまた食べてしまう。起きていればそれだけお腹が空くのですぐ眠り、昼間の起きている時間は何度でも食事をしてしまう。特に私は夕方から夜にかけて過食することが多かったです。
会社の帰りにコンビニやスーパーによって食べ物を見ると、もうその食べ物から目が離せません。目の前にニンジンをぶら下げられた馬のように、その食べ物を手に取りカゴに入れるまで目が離せなくなりました。

大食いタレントさんの足元にも及びませんが、私の最大食べていた時期は、コンビニ弁当大盛1個、大盛の冷やし中華1個、肉まん、あんまん、カレーまん、ピザまん、テリヤキチキンまんを一気に平らげた後、ショートケーキ3個をデザートにペロリ、「なんでこんなに食べてるんだろう?」と思いつつテレビを見ながらポテトチップスなどのスナック菓子を2袋完食して、お腹が空かないうちにベッドに入り眠る。そんな日々を過ごしていたことがありました。

そんな生活をしていれば当然太ります。激太りします。1ヶ月で10kgは軽く増えます。大食いタレントさんが太らないのは食べた量に胃腸の消化が追いつかず吐き戻していることも多いからです。食べては吐くを繰り返すというヤツですね。私の場合は残念ながら消化吸収してしまって10kgのムダ肉の出来上がりです。その増えた体重に驚き、無理なダイエットを3ヶ月ほどして3kgほど痩せ、また過食症がぶり返しまた10kg増加を繰り返し、一番ひどい時には60kg近い体重になってしまいました。体脂肪率は40%。高脂血症となり、ホルモンバランスも崩し、多のう胞性卵巣症候群にもなりました。おかげで生理が1ヶ月2ヶ月来ないのは当たり前、ホルモン剤のクスリを飲まなければ半年も生理がこないという時もありました。異常な食欲と子宮にたまる血液でどんどん膨らむ下っ腹。何度会社で心無い人に「あいつ妊娠してるんじゃないか?」と陰口を叩かれるのを聞いたことか(^^;)

ありとあらゆるダイエットを試みました。これからどれかのダイエットをやってみようと思っていた方のためにご参考までに・・・

・リンゴ断食などの単品ダイエット(3日で多少体重は落ちますがそれ以降は効果なし、途中で過食がぶり返し終了)

・楽して痩せられるというプロテイン、カロリーカットや代謝アップなどの健康食品。ほとんどの場合一ヶ月分1万円、3ヶ月3万円かけて3kgやせ、やめて2週間で3kg戻りました。

・糖質制限ダイエット(最初のうちこそかなり痩せましたが、後半エネルギー不足&脂肪過多に陥り、すぐに痩せにくくなりました。何より身体が痩せるよりも、劇的にお財布が痩せていきます。偏った、偏った味になりがちなのでウンザリしてきます。そのうち脳がエネルギー不足となったのか、やめた後大量の炭水化物や糖質を欲する過食が再発しました。)

・ヴィーガン食(いわゆるベジタリアン食、自然食、肉・魚・卵・乳製品は食べません食。一見健康そうに聞こえますが、たんぱく質・脂質不足に陥ります。たんぱく質摂取の頼みの綱の大豆から摂取できるたんぱく質は肉と比べてほんのわずか。食べ過ぎれば女性ホルモン様物質といわれるダイズイソフラボン過多となりホルモンバランスを崩す原因に。私は乳腺が硬くなりしこりができ、乳癌検査を2度受ける羽目になりました。
慢性的、脂質、たんぱく質不足はツケとなり、のちに中程度のうつ症状・物忘れなどの症状に悩まされました。)

これら巷にあふれる簡単ダイエットは全て一時的な効果で終わりました。 健康になりたい、美しくなりたいと思ってやっていた努力はすべて逆効果、身体を不健康に導く結果となりました。

皆さんの中にも、「ダイエットマニア」と呼ばれるほどダイエット方法や情報を試しては挫折を繰り返した方はいらっしゃると思います。ダイエット中って本当に辛くて虚しいですよね。まわりの人々は好きなものを美味しく食べているのに、自分は一生こんな食事制限を続けなくてはならないのかしら?体重計を気にして一喜一憂、たいした結果も出ず、落ち込んでいく自分。そんなこんなで40数年・・・・・・

きれいになりたい、うらやましがられたい、モテたい、ちやほやされたい、可愛い服やきれいな服を着たい、誰かに迷惑かけたくない・・・エトセトラetc.

そんなもやもやと葛藤を抱える日常に一筋の光が差し込みました。

RAPTさんの語られる神様の御言葉】

それを聞いて気が付きました。私が努力をしていたのは結局全部「人に良く見られたい、かっこつけたい」っという見栄や欲望のためだったこと。自分のために努力しているつもりで、結局「人からの評価」のためにやっていたことだった。ということ。

で、ダイエットするのはすっぱりやめました。金輪際、もう2度とやらないでしょう。

え?なんですか?そんな悟り、巷の自己啓発レベルの話でもできるだろって?

そうですね。「ここまで」なら、そのレベルでもできる悟りです。「ありのままの自分でいい。そのままの自分でいい」でとどまるなら、巷のスピリチャルやメンタルセミナーの次元です。

早まってはいけません。神様の次元はそんなもんじゃありません。神様の御言葉のチカラはここからです。

【全ての欲を一度全部捨てなさい。→捨てた分、あなたが私のために捨てた以上のものをあげよう。

【人の基準は立場や状態、時代様々なものでころころ変わる、人からの評価や愛を求めることは虚しいからやめなさい。→神様の基準は不変だから神様の評価を求めなさい。

【他人のためにする努力は虚しい、自分のためにする努力もまた虚しい。ただ一心に神様を愛し神様のために努力をしなさい。それが人間にとって一番の幸せである。

なんて、力強い(^^;)。

この部分だけ聞くと、「いやいや、ちょっとそれ?本当に大丈夫?なんかのカルトとかなんじゃ・・・?」と心配され、敬遠される方もいらっしゃることでしょう。

もしカルトならばこの教理を有無を言わさず押し付け(洗脳)してくることでしょう。

しかし、真実の神様は違います。その理由、そうおっしゃる理由を、私たちが納得できるまで、理路整然と順を追ってお話してくださいます。聞けば聞くほど疑いが晴れ、納得していきます。一つ一つの御言葉を聞いて謎が晴れ、疑いが晴れ、どこまでもすっきりとしていきます。

それが神様の言う「悟り」です。

「悟って」従ってみると今まで自分のしていたことがどれだけ虚しいかはっきりとわかります。

【曖昧で、もやっとした目標に向かってする努力】

【はっきりと正しい目標が設定されていて行う努力】

どちらの努力が力みなぎるでしょうか?
やっている行動、見ためは一緒でも、中身は全く違います。それこそ雲泥の差、天地の差です。

「この道を行けばどうなるものか、行けばわかるさ」で、間違った道を行ってしまったら目も当てられません。バカヤロウと言われ張り倒されるくらいなら良いですが、人生100年という時間はそんな長くはありません。大バカヤロウになってしまうかもしれない道に向かって全力で走れる人が何人いるでしょうか

ですが、神様のために生きると決意したなら、「神様は力強く」あなたの正しい道を教えてくださり、間違った道を行った時にはその道を閉ざし、間違っていると教えてくださいます

そして、神様はあなたの努力と想いを事細かに熱いまなざしで見つめて見守ってくださり、そこここに神様が基準ラインを設けてくださり、私たちがその目標ラインに到達した時には想像も出来なかったプレゼント(祝福)を与えてくださいます。

【神様は私たちを愛してくださり、私たちに命を授けてくださいました。私たちが神様に貰ったたった一度の人生をどこまでも力強く歩み輝かせて生きることが、神様の願いです。】

ですから

【神様に従って神様のために生きること】は神様の奴隷になることでは決してなく、どこまでも「自分の命」、「自分の生」を輝かせて生きることなんです。

だから私は、

「人からの愛(評価)を捨て」

「自分のための努力を捨て」

「神様の愛を求めて生きる」

ことにしました。

くだらないダイエットなんかやってる場合じゃありません。
痩せたい、きれいになりたい、という虚しい目標は捨て去りました。

そのかわり神様のためにどこまでも働けるようにという新たな目標のために。
ジムに通い、有酸素運動をし、筋トレをし・・・・・・
あら不思議ダイエットが目標だった時には、あんなに苦痛で苦行だった運動が、全く苦ではなくなりました。
苦行どころか物足りないくらいです(^^;)

実は、さらに嬉しいオマケもつきました。どちらかというとこちらの効果の方が大きいですが・・・
人からの評価を気にしなくなったので、どこまでも気が軽くなり、ストレスがほぼ無くなり、神様の愛にも満たされて、過食が自然と収まってきました。 人からの陰口や悪口も平気のへーですw(反省すべきところはしっかりと反省しますが)
筋トレのおかげで筋力がつき筋肉が引き締まってきました。 体重は量ってないのでわかりませんが、 実質的に手足、身体がどこまでも軽くなり颯爽と歩けるようになってきました。

「捨てた分、あなたが私のために捨てた以上のものをあげよう。」 神様に二言なし。ですね。

これからは神様のために、神様と一緒に、「自分の人生」を力強く踏みしめて生きていきたいと思います。

本当に正しい健康的な食生活とは。
【もう悩まなくていい!】さようなら。菜食主義。本当に健康によい食事をとろう。KAWATAのブログ

「健康になりたいあなたへ」試す価値あり!超カンタン「酸素」吸うだけ健康法。KAWATAのブログ

「飲むだけでキレイに」は嘘!美容サプリメントの実態と真実。KAWATAのブログ

あなたの健康法、本当に大丈夫?「減塩」「糖質制限」は超危険!その意外な真実とは。KAWATAのブログ

その「美容法」ちょっと待った! キレイになりたい女性が注意すべき現代美容のワナ。KAWATAのブログ

---------------------

おっと、忘れるところでした。
「人生をどこまでもよりよいものにし、悩み苦しみから解放されたい」という方はぜひ御一読ください。
主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

今、私に出来る限りの証-私が神様やRAPTさんと出会ってから一年がたちました-

アラゲハンゴンソウ 花言葉:「公平」「正しい選択」「正義」「立派な」

 今、RAPTさんを信じて活動しているたくさんの兄弟姉妹が、ネット上で「神様やRAPTさんに出会って救われた自身の経験」のお話をしています。この世の本当の神様を知って、教えて頂いたこと、心の重い荷物が降ろせたことなど、真実の神様を愛して生きることの楽しさ、素晴らしさを皆さんに知っていただき、一人でも多くの「悩みを抱え、人生を生きるのが辛く苦しくなってしまった方々」がその辛い人生を反転させ、喜びに満ちた人生を送ってくださいますように、願いを込めて祈りを込めて「神様の証」をしています。どうかそんな兄弟姉妹の想い、神様の想いを察してくださり読んで下さいましたら幸いです。

 現在RAPTさんの下でいち早く力をつけ、ユーチューバーとして活躍されているKAWATAさんNANAさんお二人の証のリンクをコチラに貼り付けさせて頂きました。まだまだ未熟な私の証よりもこちらのお二人の証をぜひ読んで頂きたいと思います。

迷いだらけの人生から抜け出し、力強く大きな一歩を踏み出せたのはRAPTブログのおかげです。KAWATA

RAPTブログに出会ったからこそ、夢を叶えていく実感、手応え、今までに感じたことのない生きがいを胸に生きることができるようになりました。KAWATA

【奈々さんの証】RAPTさんと共に過ごした日々とこれから。NANA(KAWATAのブログにて)

 おっと忘れるところでした。こちら私のブログお約束の前書きです。
はじめに・・・・・・
 私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
 尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

さて、前書きも終わったところで・・・・・・

 私がRAPTさんのことを知ってから一年が経過しました。東胆振大震災「北海道胆振東部地震」があったことが直接の大きなきっかけでした。色々な不審点から違和感を覚え、停電から復旧し落ち着いた頃、ネットで色々調べた末にたどり着いたのがRAPTさんのYouTubeのトークラジオ。
TALK RADIO Vol.10 北海道地震と大阪地震は100%人工地震である。 (真犯人は麻生太郎・安倍晋三・東出融)

 このトークラジオのお話にあれよあれよという間に引き込まれ、RAPTさんのユーチューブ動画を全て見終えたのが10月。一つ一つの放送にリンクづけられた膨大な証拠記事も読み、彼の多岐にわたる知識と、放送中垣間見える人柄ですっかり信用した私でした。
 そうなると自分の信用した人間がどんな人生を辿りどんなものに影響を受けて「現在の人物」になったのか、それを知りたがるのが私の悪いクセでもあり良いクセでもあるところ。

 RAPTさんが「クリスチャン」であり「神様」から知恵を頂いた。とユーチューブの放送でも常々言っていたので、彼の所属する「修派(実際は現代キリスト教のどの修派にも属していないものでしたが)」の教えがどんなものか知りたくなり、彼が進めていた聖書を買って読み感動し、彼の有料記事などを購入して読み始め、見よう見まねで私のひつじ生活、信仰生活がスタートしたのでした。

そこに至るまでの私は、生まれてこの方「自分のための努力」というものをしたことがなく、小さい頃から親の評価を求め、先生の評価を求めて過ごしてきました。大人になってからも付き合った男性や友人の評価を求め、自分を捨て、自分の好きだったものも得意だったものも忘れ、自分が愛されたい、評価して欲しいと思う人物のために努力?して生きる日々。「自分に愛をくれる人の役にたちたい、自分に愛をくれる人の迷惑になりたくない」そんな考えが私の生き方の根源でした。 旦那と会って結婚したのもその延長上の出来事でした。 でもそんな「無理矢理人に合わせた努力・生き方」なんてそうそう長くは続きません。身体も心も限界に達した時、自分の数分前の言動が覚えていられなくなり、そののち自力で立つことも歩くこともおぼつかなくなり、仕事はもとよりまともに生活することも出来なくなりました。

大学病院に1ヶ月の検査入院をするも原因不明、何の治療法もなく「安静に過ごしてください、悪化するようでしたらまた来てください」と言われ退院。

仕事はやめるしかなく、色々な健康情報を集め実戦しました。その甲斐あってか体調も半分くらいは回復しました。その後、なんとか子供にも恵まれ身体も小康状態をなんとなく維持。でも活発に活動できるような元気さはなく、昼間は子供の最低限の世話を何とか行い、しばしば体調悪化させては寝込み、夜はスマホでソーシャルネットワークゲーム(通称ソシャゲ)で時間をつぶす毎日。そんなゆる~~い毎日を送っていました。それでも今までの生活に比べたら天と地。自分は子供も産んだことだし、なんとなく幸せだし、もうこれでいつ人生終わっても悔いはないな~。最初は大変だったけれどなんとなく最低限の人並みの幸せを手に入れられた。神様はなんて自分を恵んでくださったんだろう。神様ありがとうなんて思っていたんです。

そんな矢先の「胆振東部地震」、そんな矢先の「RAPT理論」、そんな矢先の「神様の御言葉」でした。

「そんな矢先の時の私」はスピリチュアルをなんとなしにかじった程度で特にコレと言った宗教は信じていませんでした。ですが、幼い頃から天には神様がいるんだろうなという思いがありました。なのでちょっと前の「神様が自分を恵んでくれた、神様ありがとう」という考えになっていたわけです。

【神様が自分のような「何のとりえも特技もなくたいして使い物にもならない人間」を恵んでくださったから、自分には何にも出来ないけれど「神様に少しでも恩が返せるようにこれからは生きてみようかな」】

その想いが私の信仰生活の始まりなんです。なんというユル~いスタート(^^;)
ですが、そんなユル~い気持ちが変わってゆくのはすぐでした。

神様はRAPTさんを通してたくさんの御言葉をくださいました。

「少しのことを与えられただけで満足してはいけない」
「人間にはそれぞれの役割があるからそれを成し遂げられるよう自分を磨きなさい」
「人間一人一人に、神様が与えてくださった個性と才能がある、それを教えてくれるのは神様しかいない」
「人間一人が努力しても、報われることは少ないが、神様と共に努力するなら神様はあなたの努力を100%報いてくださる」

そんなたくさんの御言葉がどこまでも私の胸に深く突き刺さります。

同時に、若いときにずっと捜し求めて、得られなかった「人間が存在する意味」「自分が生まれてきたわけ」「この世がどんな目的でつくられたのか」そんな疑問に対する答えも沢山頂きました。

「ああ、自分は【自分自身は何も成し遂げていない】んだな。」ということに気づかされました。

しかし、皆様は、ここまでならそのへんの「自己啓発セミナー」などでも教えてくれそうなことと思われるかもしれません。

ですが、神様の御言葉がそのようなものと圧倒的に違うのは、「自分の人生の成功方法」と「成功する為の道のり」「努力の方法」「様々な障害、妨害に対する考え方と対処の仕方」全てを御言葉でこと細かく教えてくださること。
そして、教えてくださるだけでなく、道に迷った時、あきらめそうになった時、行き詰った時・・・要所要所で計算されたような奇跡が起こり、悟らせてくださり、導いてくださいました。
その神様の個別指導は今現在も続いています。私が神様を愛して生きる限りそれは一生つづくことでしょう。
【人間一人一人が本当に幸せで満ち足りた人生を送るために行くべき道】個々それぞれの最善のゴールを神様は知っておられ、そこに向かっていけるように導いてくださるのです。

神様が【人生のマンツーマン家庭教師】そんな頼もしいことは他にありません。

さらに不思議なことがあります。神様は知識的なことだけでなく、私に色々な「力」を授けてくださいました。

「体力」と「気力」、一ヶ月の半分以上を寝込んで過ごしていた私、信仰を始めてから身体の痛みがほとんどなくなり、ウソのように身体が軽くなっていきました。現在、寝込むことゼロと言えるほど、ほぼありません。
 ほとんど力が入らずマヒしていたような右手・・・食事の箸も上手く使うことができず、PCのキーボードを叩くこともままならなかった、そんな右手にも力が戻りました。

自分のための努力、自分を磨く努力などほぼしたことの無かった私に努力の方法を教えてくださいました。 まだ、自分が行くべき道は確信的に見えて来てはいません。ですが、今まで生きていく中ですっかり忘れ、捨て去っていた「自分の好きなもの」「好きだったこと」を色々思い出させてくれたりもしました。

今では、その思い出させてくださった【自分の好きなこと】、「野の花を愛でること、野の花や山野草を観察し知識を得ること」そのために小さな丘くらいの低山なら軽く登山できるようになって、あちこち歩きまわっています。
毎日が発見と驚きと成長・・・そんな充実したキラキラした人生を送れるようになってきました。

まだまだ信仰二年生に入り始めたばかりなので、これからもたくさん迷ってつまづいて、そのたびに神様に教えていただき導いていただくことになるでしょう。でも「いい大人」になっても毎日なんらかの成長ができるって凄く素晴らしいことで有り難いことです。

この世に【この世と人間を創ってくださった神様】は本当にいらっしゃいます。その本当の神様の言葉を教えてくださるのはRAPTさんしかいません。

神様が創ってくれた樹木や岩などから人の手で作って「神様」と勝手に人が呼んでいるものが、私たちに何かしてくれるでしょうか?自分で歩けず、ものも話せないものに何の力があるでしょうか?先祖が自分を「正しく」導いてくれるでしょうか?その「先祖」は間違いを犯さず人生を終えた人なのでしょうか?

私の家には仏壇と神棚がありましたが、真実の神様を知り信仰を始めてから全て捨てました。塩かけてそれぞれのゴミの日に出しましたwいまだに一つのタタリもバチもありません。旦那の店の神棚も捨てましたが、お客は減るどころか、なぜか増えています。お店やスタッフの雰囲気もなぜか以前より明るくなりました。これらはタダの偶然かもしれませんが、神棚や神札、仏壇や本尊に何の(バチを当てる)力も無かったんだと思ってます。これらのものを排除してから家にも店にも幽霊のたぐいが現れることもなくなりました。金縛りにあうことも、ラップ音がすることもなくなりました。一体どうしてなんでしょう?

RAPT理論に出会い、この世のカラクリと、本当の神様を知ってから、この世にあふれる健康知識に振り回されることもなくなり、虚しいダイエットもやめました。でも今は気にしていたどの時よりも健康です。これからもっと健康になることでしょう。放射能もガンも怖くない。その理由もRAPT理論で明らかになっていますし、それは神様もお墨付きされています。
最近のおかしな気象、大地震などの天災と呼ばれるものも、そのほとんどが「天災」ではないこともわかり、「このままでは将来地球はどうなってしまうんだろう?」という漠然とした不安や悩みもなくなりました。
さらには人生までも充実し、日々の暮らしに目標が出来る。これが、「救い」でなくてなんなのでしょう?

どうか、皆様が「真実の神様」と向き合い、神様の差し出されておられる「救いの手」を取って、この世でもあの世でも「真に救われること」を切に願います。ASINI。

私はRAPTさんの活動に賛同し、この世の支配者層がひた隠しにする彼らに不都合な真実(RAPT理論)を広め、真の神様を信仰する者の一人です。
主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

近況報告その2の追伸

DSC_1053

はじめに・・・・・・
私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

こんばんは、ASINIです。前回の記事「近況報告その2」の追伸です。
今回は、私の昨日のブログを読んでくれた兄弟姉妹に向けてます。

さて、何度も私にコメントをくれていた例の人物。(もともと怪しかったけど)人間サタンの疑いが色濃くなってきたので、切りましたww正体バレるの早っ!!なんだぁ「人間天使」じゃなかったんか~ww
これも皆様の祈りの力あってのこと。神様が【使うところだけ使って】すばやく裁いてくださいました。神様、RAPT様、兄弟姉妹に心より感謝いたします。

ですがここは神様の御言葉ですので変わりませんです。【神様は御心のためにサタンをも主管し使われる】

そう、神様が与えてくださった悟りと、私に注ぎかけてくださった灯油、練達と祝福に感謝します。「人間天使」ではなかったけれど、神様が私の悟りのために使った「人間サタン」。
その「人間サタン」を使って与えてくださった悟りにも変化はありません。

この世に(特に日本において)、(本当の)無宗教で高い知能を持つ人々はたくさんいます。そんな人々が私を見る目はあのコメントのようなものがほとんどでしょう。
そんな人々を「神様はこの世に存在する」「神様の言葉を教えてくださる人がいる」と納得してもらうためには、どこまでも努力し、実力、能力をつけなくては説得力にかける。力強く神様、RAPTさんを証できるようにしなくてはならない。そこは変わりません。

まだまだ未熟で悟りの低い者で、私が証していることでもしかしたら迷惑が掛かることがあるかもしれません。
ですが、必死で神様にすがりつき、少しでもRAPTさん、KAWATAさん、NANAさん、兄弟姉妹の皆さんの有益になれるよう気合を入れなおして頑張って行きたいと思ってます。どうぞよろしくお願い致します。

ここから余談です。昨日ちょこっと書きましたが、私のツイッターのアイコンのバラ、ユダの色とされる「黄色」のバラ。あれはRAPTさんに出会う数年前から自宅の庭で育てていたバラです。「バニラボニカ」といいます。
なぜそんなバラのアイコンを使っているか、「自分への戒め」だと。罪にまみれ堕落しきった私を神様は憐れんでくださり、RAPT理論に導いてくださり、RAPTさんを悟らせてくださり、神様を悟らせてくださった。
神様がその悟りを与えてくださらなければ、私は先日のコメントの主のように現代を地獄のまま生き、裁かれていたでしょう。神様が悟りを与えてくださり、救いの道を指し示してくださったこと、本当に感謝です。
そんな私、心弱い私が神様を裏切ることの無いように、自分の心に負けることの無いように、神様を裏切り、イエス様を裏切った「ユダ」にならないように、あえて掲げている「黄色いバラ」なんです。

この「バニラボニカ」ちょっと面白い性質がありまして。基本的には、つぼみは濃い黄色、花が咲くと中央が黄色で外はアイボリー、そしてだんだんと花全体が白っぽくなっていきます。
ウチのコはなぜかほぼ黄色で咲いて白(アイボリー)く変わっていきます。それが、下の写真です。環境が良いとここまで白くなります。
信仰をする前なのでこのコを育てていたのは全くの偶然ですが、こんな風にどこまでも清くなっていけますように。との願いも込めて。ではでは。

DSC_2224

近況報告その2

(オオ)イタドリ花言葉:「回復」「見かけによらない(実の美しさ)」

はじめに・・・・・・
私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

こんにちは、ASINIです。

先日ちらっと書かせて頂きました。私が自分の罪を悟ることが出来るよう、自分の傲慢な考え滅ぼしてくださるように一晩祈ったところ、神様がとある方を遣わしてくださり、さらなる私の「傲慢」を顕にするため、自分の罪をもっと深く悟る為、「以前からRAPT様がよく私たちに「神様からの御言葉」として話して下さっていた内容」とほぼ同じ内容の言葉をコメントとしてその人に書かせてくださった。と。そのことで私の「証」の力なさ、私の実力の無さ、努力の足りなさを痛感させてくださった。と。

今日はその続きになります。

その後、その方からの幾つかのコメントが届きました。まず一つ目の内容は「その方の人生経験から得た考えにそぐわない」私のヌルさ、に対する叱咤的なもの。そこまでならコメント反映しても良い内容だったのですが、後半部分が現代の育児、現代のしつけから遠く離れたある衝撃的な比喩と極論だったため、子育てをする夫婦、子育てをしたことのある母親が聞いたら青ざめ、怒り心頭となり私の意図しないことで議論、闘争がわきそうだったので、承認致しませんでした。

私のブログ記事の何にその方が「冷静さを欠き、怒り心頭のコメントを発する」こととなったのか。それは私が以前書きました記事
近況報告
より

暴力はやめられましたが、もう一つの問題に今取り組んでいます。----(中略)------
それは「子供をどなりつけること」。 とりあえず、どなりつけるのは「一日一回まで」と制限を設けて模索してます。そして私の怒りっぽい性格、短気な性格を直せるように神さまに悔い改めさせてくださいますよう祈っています。

の部分のようです。どうやらこの部分の私の文章表現を「子供に1日1回怒鳴るのはOK」だと解釈させてしまったようなのですね。言い訳にしか聞こえないと思いますが、私は自分の性格、駄目な考え癖をある程度知っています。自分の弱さを知っています。その自分をコントロールしていくために怒鳴りつけるのは「一日一回まで」という制限を設けて努力していたのです。
同じようですが、まったく違います。小さい子供というのは知能がまだ幼く(低く)言葉でとくとくと説明しても理解できないことがあります。ですが、本当に危険なことや守らなくてはいけないマナーなどは一度強く怒鳴りつけてでもしないと聞かないことがままあります。「〇〇ちゃん、ちょっと待って、それはいけないことなの。あーの。こーの。」と言っていては絶対に間に合わないこと、があります。これは子育ての経験がある方なら理解してくださると思います。赤信号の交差点、車がビュンビュン走る道路に突っ走っていく子供、そんな場面で「〇〇ちゃん、ちょっと・・・」なんて言ってられません。「・・・・危ないよ・・・」なんて言う前に子供は車に轢かれてしまうかもしれません。怒鳴りつけてでもとめなくてはいけない時があります。特に幼いうちの子供はなおさらです。
日常イライラして怒鳴りつけたくなる時、「本当に怒鳴りつけなければならない時」でなければ怒りを抑えよう、その怒鳴りつけは本当に必要なことなのか、怒鳴らなければならないことなのか、よく考えてそういう時以外には怒鳴らないようにしていこう。そういう努力です。

何か自分の思考や嗜好のクセをやめるとき、完全に退路を断ち決断した時からきっぱりとやめられれば、当然それに越したことはありません。それでうまくいくことも多いでしょう。ですがこの考えで成功することが出来るのは「精神的に強い人間」であって、もともとそんな決断をしなくても出来る素質のある人間です。

中には私のようにゆるく制限することでうまくいく人、うまくいくこともあると私は考えます。
ダイエットなどで今日からゴハン、甘いもの、スナック菓子は一切食べないと決めて出来る人、逆にそれがストレスとなりそのことばかり考えてしまって失敗する人がいます。後者の人は全て断つよりも一つ制限をゆるめることでうまくいくことがあります。人間「完全に禁止する(される)と逆にそちらに意識が向いて苦しくなってしまう」ことも多いのです。少しづつ制限を設けて目標を設けてそのレベル(次元)を少しづつクリアして行き、少しづつ次元をあげていくそれでうまくいくこともたくさんあると思います。

特に真実の神様はそういう方です。【毎日一つずつでも少しずつでも努力して毎日新しく生まれ変わりなさい】と言われる方です。毎日1mmでも進んでいけば1年後には365m進んでいます。そうやって毎日自分の次元をあげ、成長しなさいと仰る方です。そのための努力は大変なものでありどこまでも成長するためにもがかなくてはなりませんし、神様が一定期間の間で、その個人個人に設けてくださっているボーダーラインまでレベルが達していなければ裁いてくださり練達してくださることもあります。
もちろん努力は惜しまずどこまでも勤勉にしなさいとも仰いますが・・・。

取り急ぎの近況報告で、短い記事だったため「言葉足らず」で同じように苛立ち怒り心頭になられた方もいらっしゃるかもしれません。こちらで補足説明、訂正させていただきます。

とりあえず、そのようなコメントを下さった方の文面があまりにも感情的で比喩表現もも極論でずれており、世間一般の価値観から離れたコメントだったので掲載しませんでした。(子供にニコチンパッチでも貼れば癇癪はなおる、おとなしくなるですって?幼児をニコチン中毒にするおつもりですか?そして世間一般の母親は子供を従順にする目的のために叱ったり怒鳴ったり怒ったりするわけではありません。)

おっとっと、個人的なメッセージをつい入れてしまいました。反省。

さて、その方のそんなコメントの後半内容によりこの方は「人間サタン」なのか、無宗教を偽ったどこかのカルト教の「工作員」なのか、「無宗教」という名の宗教を信じる「宗教家」として私を信仰から切り離そうとする方なのか、情報量が少なく私個人での判断をつけかね、神様に判断を委ね一日ほど祈っておりましたところ、また新たなコメントが届きました。

で、その内容は・・・うーーん・・・本文に貼ってしまいましょうかwコメント反映するのも本文に貼るのも人目につくのは同じこと。そのまままるっと以下にコピペさせていただきますw以下引用

「先般のコメントを読んで頂けただろうか?私は貴方に偽善コメントは書かないと宣言した以上、貴方に刺さる言葉で少しでも貴方を変える必要が出てきた。私が途中でコメント止めたら、それこそ偽善を通り越した馬鹿になってしまうから。そしてこの感じだと、まだ先般コメントの真理を理解してないと感じるのだが・・・。ヒントは、人生で一番ダメなのは「優しい諦め」。私の人生哲学の根幹であり貴方へのメッセージはこれです。「諦めるな」です。だから、変わりたい人、現状を自分の限界だと思いたくない人、自分を諦めたくない人はこの言葉の意味を理解して欲しい。私の言葉の意味を理解すると、貴方の具体的な行動は否定しているものの、「こういう人間はダメだ」って、個人を全人格的に否定するような言葉ではないことを徐々に理解していくだろう。
貴方は残念ながら馬鹿なんです。つまり、いろんな馬鹿と付き合ってるんです。貴方は夫がいながら色んな馬鹿と浮気してる状態なんです。だから、私が貴方に刺さる言葉で貴方の馬鹿を浮き彫りにして、貴方は全力でその馬鹿達と絶交してほしい。貴方達の言葉では、馬鹿と浮気してる状態が「罪」であり、馬鹿と絶交するのが「悔い改め」なんですよね。まぁ、私から言わせれば、単なる「暇を持て余した主婦の遊び」としか思ってないです。同じ馬鹿でも、悪い馬鹿と付き合うのではなく、一心不乱に努力する馬鹿(良い馬鹿)と付き合ったその先に、貴方にとっての人生哲学が明確に意識出来るようになったならば、その瞬間から私の言葉は貴方にとっての偽善ではなくなるだろう。
そして、私の怒りに触れた言葉があれば、容赦なく貴方にとって刺さる言葉でコメントするだろう。コメントを承認するしないは貴方次第。
では、GOOD BYE^_^ 」

引用終わり
まぁ、見事なアメとムチww
私を炊きつけたいのか、引き戻したいのかww
そして私を馬鹿にするのは良いとして、神様への冒涜と、RAPT様と兄弟姉妹への中傷wこんなもの載せられないわwwと思ったんだけど気が変わりました。

この方は私を、旦那をほっといてヒマをもてあまし新興「カルト宗教」にハマリ馬鹿なことをしているおばさん。

と思われているようですww何もその見方は特別穿ったものではなく、まぁ世間一般ほとんどの人はそういう目で見てるんだろうなぁ。私のことを。

そして私をそこから抜けださせ、真っ当な道に戻すのが自分の使命だと、考えられているようです。

これらの情報から「この方の解釈」を人間的にするならば「私に対する悪意ではなく自分の持つ信念と正義感に基づいて、私に対する人間的な愛を持って私の行いを正そうとコメントしてくださっている」方。
「人間的」に「世間一般的」に考えれば、このような苦言を他人に嫌われることを厭わずエネルギッシュに提言してくださる方というのは、非常にありがたいし、お金を払っても人生かけても得られない大切な人物ということになる。

貴方が正しいと信じる道、あなたが私を引き戻そうとする道は地獄の道なのですよ。・・・・・・と私が言っても私が「洗脳」でもされていてそう言っていると思われ一笑に付されるか、更にヒートアップするだけなんだろうなぁ(^^;)

ですが、「神様」はサタンの仕業でさえも益と変えてくださる方、そしてそのなさることには全て意味がある方・・・・・・。
私に深い悟りを下さる為、この人物を遣わしてくださった意味とは・・・・・・。

信仰的な目線(恐れ多くて神様目線と言えなかった)で解釈するならば、

「私はこういう方々を納得させ、神様の証を力強く立て、この世に神様はいるということを実力で証明しなくてはならない。RAPT様という神様が人間に遣わしてくださった神様の代理人がいる、ということを彼らが認めざるを得ないようにどこまでも努力し成長しなければならない。」

とここまでの解釈は「RAPTさんから本物の神様の御言葉を聞かせていただいている兄弟姉妹なら誰でも出来る簡単な解釈」

「暇を持て余した主婦の遊び」から脱却しなければならない。あなたがが今している努力のレベルとはこんなものだよと。 裁いてくださり、練達をされるそのために、神様が私に与えてくださった「練達の火」「人間天使(信仰は無いが、(潜在的に)神様の意向を行い信仰者を助ける役割を持つ人々のこと)」だと思われる。

神様私をドコまでも憐れんでくださり、愛してくださり、導いてくださっていることに心から感謝申し上げます。神様が与えてくださった祝福と練達、どこまでもムダにせず狭き門をくぐり抜けらるものとなれますように。

そのために、神様が私に与えてくださった「練達の火」「人間天使(信仰は無いが、(潜在的に)神様の意向を行い信仰者を助ける役割を持つ人々のこと)」だと思われる。

なぜ、こんな解釈ができるのか。真実の神様を愛するものにとって全ては益となり祝福となること。それもそう。

ぶっちゃけて言うならば、私のような性格の面倒くさい人間に「100%」ぴったりの練達を与えてくださるのは神様しかいないww

このブログ記事の所々で言っているかと思いますが、私は「順境」が苦手で「逆境」に燃えるタイプ。だから「貴方はすばらしい」という内容が含まれたコメントを頂くとありがたいし喜びもするのですが、申し訳ないことにそこで終わり。
私が「何くそ」と思って奮起するのは、こういう「ヌルいことやってんじゃねぇぞw俺を納得させるだけのモン見せてみろや。まぁちょっとやそっとのことじゃ俺はアンタを認めねぇ」的な、まるで少年漫画のライバルのような人物。そして、熱しやすく冷めやすい私のそんなブログを逐一観察して、ヌルくなってた場合には苦言という(灯油)を定期的に注いでくださるという親切さ。
さらに、ドコまでもヒートアップさせるための人を小ばかにした表現と文章wこんなぴったりの人、世界中どこ探したって神様じゃなければつれてこれませんww

神様からの使命(本人は無意識だし否定するだろうけど)、で私についてくれたこの「人間サタン」のような「人間天使」ちょっと毒性のある人間天使を救うためには道は二つ。

1「こういう人々が納得するだけの霊肉の実力をつけ、神様の存在を認めさせ伝道すること。」

2「私がどこまでも神様に大きく使っていただける実力のある人間(使徒)となること。」

1は神様の存在を認めたので、私の彼に対してのお役御免。本人の努力と信仰次第で救われる次元、そして天国の次元が変わる。
2は私がどこまでも神様の御心を成せるようになることで、この人間天使が「神様からの役目を果たし私を育て神様に貢献した」とその功績を神様に認められれば、ワンチャン救いがあるかも。(神様とRAPT様を否定している分でどこまで許してくださるかは疑問)

さて、大変だ。
この人の運命が私の双肩にかかってしまった。見えるところに救わなくてはいけない見本の人物を神様に置いて頂いてしまった。
ここまで神様にしていただかなければ「悟れない」私、どれだけ小さく愚かなものか。

神様、本当にこんな私をここまで憐れんでくださり強力に導いてくださり、祝福と練達を与えてくださりありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

私がRAPT様と出会い、神様と出会って1年がたちました。どうか私が神様の御心を成せるようにどこまでも成長することが出来ますように。

追伸:通りすがりの者(全然通りすがってないww)さん
というわけで私から信仰を取り上げるのは諦めてください。
もうよっぽどの悟りがない限り本文での掲載や返信、反応はしません。貴方は9割方男性だと思われますので、個人的に返信メールもしません。異性の罪に抵触しかねませんので。
それでも使命に燃えて私に灯油を注ぎ続けてくださるというなら好きにされて構いません。私への戒めとして、私のアイコン画像「ユダの黄色のバラ」のようにありがたくとどめておきます。
ただ、愛のムチとして私はいくら誹謗中傷、悪口言われるのは(腹立ちますが)構いません。が、神様への冒涜とRAPTさんへの誹謗中傷、兄弟姉妹への誹謗中傷になるようなことはやめてください。

なお、通りすがりの者さんの2番煎じを行おうとしてコメントしようという方はおやめください。そのような方の受付はもう終了しました。正直そんな人物が二人も三人もいたら非常に面倒くさいです。私は今でもそんな方の相手をするほど暇ではないですし、死ぬほど努力しなくてはならないのでこれからもっと忙しくなります。似たようなコメントくださっても即刻削除いたします。

ではでは今日はこのへんで。

私はRAPTさんの活動に賛同し、この世の支配者層がひた隠しにする彼らに不都合な真実(RAPT理論)を広め、真の神様を信仰する者の一人です。
主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

頑張らない育児、怒らない育児のワナとツケ

ハギ 花言葉 「想い」「思案」「誠実」「柔らかな心」

はじめに・・・・・・
私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

こんにちは、ASINIです。私は去年の今頃RAPTさんのRAPT理論に出会いこの世のウソ偽りから目覚め、RAPTさんの語られる「神様からのメッセージ」でどこまでも救われてきた者です。その救い、この世の真理、私に与えられた答え(私個人ではなく全体に向けてのメッセージなのですが、何故かその時々の私の悩みを解決する答えが得られます。不思議なことです。)は今現在も豊かに与えられています。そして少しづつ、本当に少しづつですが人間的にも霊的にも肉体的にも成長してきていることを確信しています。

私のこどもは男の子ですが、今現在3歳になっています。夫の自営業を手伝っているうちに原因不明の病を抱え、その病気の状態が小康状態になったころから子供が欲しくなりましたが、自分達で努力してもまったく子供を授からず、半年間の不妊治療を受け、何度かの人工授精を繰り返してやっと子供を授かりました。その時点で39歳、高齢出産です。

私が子供を授かった時には「怒らない育児」「がんばらない育児」「子供は2歳まで本当に危険なこと意外は叱らずに怒らずにどこまでも甘えさせて育てましょう」という育児書がたくさん出回っていました。そしてその育児説が最新の「正しい育児」と信じてその育児書に従って子供を育てようと努力していました。子供が食事の時に行儀が悪くても叱らない、片づけをしなくてもしからない、家や服をどんなに汚してもしからない、ごはんを食べずお菓子ばかり食べたがってもよっぽど程度が酷くなければある程度好きなようにさせる、子供が甘えるままにどこまでもせがまれたら抱っこし、要求に出来るだけ答えてあげる。そんな育児。

私が正しいと、最新の一番新しく「子供を正しく成長させるための理論」だと信じこんでいたのは、「正しい」わけではありませんでした。その年代年代で出回るそれぞれの育児法が単なる「流行・傾向・流行り」であり、「真実、正しいわけではない」ということを知るのはちょうど一年前、RAPTさんのRAPT理論を知った去年の秋。育児本、育児書だけでなく、世の中に出回る本や流行、健康知識などのブーム、風潮…etc.というのは「ほぼ全部が真実ではなく」、この世の中の支配者層や自分の出版社を持つ大きなカルト宗教団体が、「一般の人々を自分達の思い通りに洗脳して「奴隷」として扱うための洗脳手段として出版されるもの。」ということをそのRAPTブログから教えていただきました。

その時にはうちのちびすけは2歳、実際に2歳まで「怒らない育児」をある程度体験してしまったコです。その育児書のいうことを全て鵜呑み丸呑みにして100%そのように育てはわけではありませんが、各所至る所にその弊害は起こり始めていました。

2歳になる頃というのは早い子であれば「自我がしっかりしてきて反抗期にさしかかってくる頃」、そこから今まで叱られもせず注意もされていなかった「食事マナー」「おもちゃなどの後片付け」を教えようとしてもやろうとするわけがありません。最初は従ってもどんどんと自我が育ち、半年から1年もすると遅いコでも反抗期に入り確実に反抗して身に付かないんです。自分の要求は全てとおるものだと考え、食事を出しても自分が気に食わないものはがんとして食べず、自分が今食べたいものを出してくれるまで何も口にしない。そんなコになってしまっていました。

それでもウチのコは不幸中の幸いか反抗期が遅く、1年間はまだ聞き分けがあり、しぶしぶながらも従ってくれている時期がありました。が、今、反抗期真っ盛り「2年の叱らない育児」の代償は大きく、日常で毎日神様の御言葉に従って生きたいと思い努力していながらも、一方家庭、育児面では罪を犯し続けていたわけです。すつけができていない子供を毎日叱りつけ、怒鳴りつけ、脅し、時には頭を小突いたり、お尻を叩いたり、乱暴に扱ったり・・・・・・。そんな日々でした。

そんな私を神様が憐れんでくださり、日常生活、信仰生活のなかで私に様々な気づき、悟りを与えてくださり、大きな罪「こどもに対しての暴力」がおおごとになり手遅れになる前に止めてくださり、悔い改めの日々を儲けてくださって本当に感謝しています。私に精神力、気力、体力を与えてくださり、私に精神的な余裕を与えてくださいました。落ち着いて子供に諭すことが出来るようになってきており、子供も不思議とかんしゃくを起こさず、落ち着いて私の話を聞いて納得できたところは改善するよう努力してくれるようになりました。
この2ヶ月時々危うい時もありますが、穏やかな関係、穏やかな日常を送ることが出来ています。

私の子供に対する傲慢さ、自分より弱い立場のもの、自分に逆らえない立場にあるものに対する傲慢な考え、感情的になる行動、少づつ焼き尽くしてくださり、悔い改めさせてくださっていることを強く実感します。

そして昨日は神様が私の祈りに応えてくださり、私の中の隠れた「傲慢」私自身が気づいていなかった傲慢を、気づかせてくださいました。神様がある人を通して私のブログ記事へのコメントとして「RAPTさんがいつも御言葉の中で指摘してくださっている事柄」を与えてくださいました。

「あなたが今までの人生で明日死んでもいいと思えるだけの努力をしていないこと文章を通して分かる」「あなたの言葉にはチカラがない、あなたの言葉では人の心に刺さらない」御言葉で何度も聞いて分かっているつもりでいても、人を通してこうして「直接自分に向けて言われる」と逃げようもなく、ただただ自分の至らなさを痛感するしかありません。こうやってブログを書いていても広い世界一人くらいはRAPT様や神様に導かれて救われることが出来るかもしれないと思っていた、傲慢さを裁いてくださり、顕にしてくださいました。

「明日死んでもいいと思えるだけの努力を続けてそれを成しえた人の言葉なら多くの人の心にささる」まさにその通りです。「25年という長い年月どこまでも苦しみ、逆境に耐えながらも、明日どころか今すぐに命を奪われても後悔することは無いと断言できるほどの努力を成し遂げたRAPTさん」どうか皆さん、RAPTさんの話を聞いてくださり、RAPTさんの言葉のチカラを感じてくださり、一人でも多くの人が救われて欲しいと思います。

チカラない私のチカラない「神様の証」「RAPT様の証」ですが、どうか苦しむ誰かに届きますように。いつか本当にチカラを持って強力に「証」を語れる日がきますように。祈りを込めて。ASINI。

私はRAPTさんの活動に賛同し、この世の支配者層がひた隠しにする彼らに不都合な真実(RAPT理論)を広め、真の神様を信仰する者の一人です。
主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

-雑談-なぜ真実の神様に祈り求めると子供への虐待という悪循環から救われるのか

ゲンノショウコ:花言葉「心の強さ」

本日も雑談をば・・・・・・今日のタイトル、子供に多少ながらも暴力を振るってしまっていたという懺悔をしていた私がかけるような内容じゃないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、そんな私だからかける内容があります。
同じ敬虔を持つ母親という立場の方々、どうか私と共に救われることが出来ますように。

はじめに・・・・・・
私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

私は先日の近況でも書いたように「子供を叩いてしまう、必要以上にきつい冷たい対応をしてしまう」ということの罪を神様に祈り今現在、以前のように大分落ち着きを取り戻してきました。そして、同じ経験、苦しみを持つ方々が神様とつながり同じように苦しみから抜け出していくことが出来ますように。と書いてきました。

では、なぜ神様にこれらの罪を告白し、祈りもとめればこの罪から少しずつ足を洗うことが出来ていくのか。
人によってはそんな魔法のようなことあるわけがないと思われるでしょう。「人間が神様に祈ったところで急に性格が変わるわけではないし行動も変えられるわけがない。」と。そうですね。確かに人間はすぐに性格や行動を変えることは出来ません。私たち人間を創ってくださった存在の神様は「そんなことは百も承知」です。ですので急に帰ることが出来なくてもその人が神様に許しを請い、改善しようと努力するならば見守ってくださいます。このことはこのブログで何度も書いていることですので割愛しましょう。

今日書きたいのはどうして神様に祈ると暴力的な性格、イライラとする性格が改善されていくのか。具体的に説明していきますね。

私たち人間は「肉体」と「霊体」があります。 「霊体」は特別な力がない限り見ることはできませんが、存在します。 そして、「霊体」と「肉体」は「脳」を通してリンク、繋がっています。肉体はこの世で眠ったり休息したりすれば多少は癒されるものです。ですが、「霊体」というのはそうも行きません。「霊体」が疲労してくると、「脳」で「肉体」と繋がっているので「脳」にも「肉体」にも影響が出てきます。現代人よりも霊的なものと関わりが強く、霊感が優れていた昔の人はよく言ったもので「病は気から」という言葉があります。「気」とは気持ちだけではなく、身体に流れている見えない力のようなもの。「元気」「やる気」「気力」たくさんの「気」という言葉があるとおり人間には欠かせない力です。見えないものの見えない力、そう「気」とは「霊体の力」と考えてもよいと思います。「霊体」が疲労してくると「気」が病んできます。それが肉体にも現れて「病気」となる。それが「病は気から」という言葉の真実です。

病気までは行かなくともきちんと休息も栄養もとれているはずだし、ストレスもあまりないはずなのに「なんとなく気分がすぐれない」「気分が乗らない」「気力活力が湧かない」「何かをする気になれない」「気分が何となく晴れない」そんな時は「霊体」が疲労して病気になってきている可能性があります。「うつ病」という精神的な病が世間的に大きく認知されて話題になりましたが、「うつ病」とは、実はそんな「霊体」の病気が「肉体」に現れてきたものということが大半です。

霊を信じる人、霊的に敏感な人は無意識にそんな「霊のエネルギー」「霊体の癒し」欲しさに「スピリチュアル」に傾倒していったりします。スピリチュアルの霊的エネルギーの癒しを受けるとなんだか暖かくほわっとして、頭がぼ~っとして嫌な事を忘れて多少気分がよくなるんです。「最初は・・・」、それを「癒された」、エネルギーを受けたと勘違いして没頭していくことになりますが、これは大きな罠です。肉体は運動すると汗をかきます、汗をかくと気持ちよいですが、そのまま汗をかきつづければ干からびてしまいますwスピリチュアルのエネルギーワークはそれと似ています。最初は何か気持ちよい気がするのですが、それは霊体から汗のようにエネルギーを抜かれてほわ~っとしている状態。のめりこみすぎれば霊体のエネルギーは更に枯渇しどんどんと苦しくなっていきます。エネルギーワークという名前の霊的麻酔を入れて霊体の血液を抜いているようなものです。麻酔中毒や霊的貧血(表層意識の途切れ等)を起こし始めます。ですから本当にやめたほうがいいです。危険です。

では本当に霊的な癒しを受けるにはどうするか、「真実の神様と繋がること」です。私たちは神様に似せて神様の手で創られました。人間がこの世に「肉体」を持って生まれてくるとき、肉体をつくるためには「母親」とつながり「母親から栄養」をもらわなければなりません。では「霊体」はどうでしょう?私たちに霊体をくださったのは神様です。神様が私たちの霊体の源と言ってよいと思います。そう、肉体が母親から栄養を貰ったように、霊体の栄養は神様と繋がって神様から頂かなければならないのです。ですので「霊体」の真の癒し、真の霊体のエネルギーは私たちを創ってくださった神様からでなければ得られないのです。

神様に祈るとその神様から霊体がエネルギーをいただけます。 神様の力に満たされることを「聖霊に満たされる」と表現しますが、 真実の神様に祈ると聖なる霊が私たちにさまざまな力を与えてくれるのです。 神様の力(聖霊の力)は偉大ですので「霊体の癒し、精神的な癒し、肉体的な癒し」全ての癒しが与えられます。特に霊体の癒しは大きいです。神様意外に癒せるものがありませんから。その癒しは目に見えることではないですし、「いやー癒されたわ~」と強く実感できるようなものではないですが、確実に「癒しの力」は施されます。

肉体が癒されると心地よくなりますが、霊体が癒されると気分がよくなります。強力に霊を癒されると、「喜びに満たされる」という表現があるとおり、まさにその通りで気分がうきうきテンションアゲアゲになってしまうのです。それだけ「霊体」というのは自分の「考え」というか「気分」を左右するもの、「脳」を通して肉体とリンクするものなんです。気力が満たされたり、喜んだりしている時は身体も不思議と軽くなります。どんなに疲れていても大好きな人の笑顔を見ると疲れが吹き飛んだり、愛するや楽しみにしている用事のためならどこまでも気力体力が湧いたりしますね?その極限が神様の「聖霊」の力なんです。極限の「愛」の力。それを神様に祈りを捧げることによっていただくことが出来るんです。

聖霊に満たされれば「肉体的にも、霊的にも癒されて、気分に余裕とゆとりが出てきます。」
これが、「イライラする性格、暴力的になってしまう性格」を打ち砕く大きなカギとなります。

気力体力に満たされているときというのは何をするにも軽く簡単に出来てしまいます。床に落ちたゴミを拾う。家の中の掃除をする。食事を作る。会社で働く。どこまでも身体も気分もかるくすんなりとラクに出来てしまいます。
気分に余裕があるので多少何かのトラブルが起きて遅延したりしてもすぐに対応できますし、取り戻せます。
だから多少子供がぐずったり、旦那さんの動きが目に入るときでも「イライラ」することなく出来るんです。
イライラすることが少なければ「ストレス」の積み重ねも少なくなり、疲れも少なくなります。
これが、子供への言葉の暴力、肉体的暴力を防ぐもとになります。

世の中シングルマザーや共働きのおかあさんも少なくありません。社会的ストレス、仕事の疲れ、さらに家に帰れば子供の世話、旦那の世話、もう精神的にも肉体的にもへとへと・・・・・・睡眠時間も短く、ストレスが多ければ深く眠れず、もう家族への愛と責任と精神力だけで動いている毎日・・・・・・。やっとの思いで重い身体を引きずり作ったお弁当、息を切らせながら足腰の痛みに耐えて行った掃除・・・・・・。そんなギリギリで頑張った自分の努力もしらずに、弁当のおかずの文句を言われ、休日には家事を手伝ってくれることもなく目の前でゴロゴロする旦那、やっときれいにした床にお菓子やおもちゃをぶちまけてちらかし汚す子供。作った食事もイヤイヤしてたべず、お菓子を食べたがる。

せめてこれだけはやって欲しい。簡単なことだから。せめてこのくらいはやって私の負担と仕事を減らして欲しい。「もうしんどいの」「もう限界なの」「身体も心も悲鳴をあげてるの」

どうしてこのくらいやってくれないの?どうしてこのくらいのことが理解できないの?

ただ床にティッシュが落ちているだけ、拾えばいいだけじゃないか?

そのタダをどうしてやってくれないの?

もうアナタはボロボロで床の上のティッシュを疲労にも体のどこかに痛みがあるか、動くのが重いか・・・・・

「これだけ頑張っているのに、誰も私を見ていない・・・・・・」

心と体がきしんでどうしようもなくなってくると「気になってくる小さな些細なこと」
こんな些細なことすらわたしがしなきゃいけないの??もうしんどいんだから、あなたたちがやってよ!

それが周囲にはヒステリーと呼ばれる状態。イライラが募り怒りと苛立ちはたまって一番身近なものに爆発!!

もしくは、そんなあなたを狙って無責任に甘いセリフをかけてくる異性「キミはよくやってるよ」「ぼくならそんな思いをキミにさせたりしない」

さらにはあなたのヒステリーの意味をしらず、あなたの秘めた「心と体の悲鳴」をしらず、ただただあなたのイライラがいやだと、他の居場所に心を落ち着ける旦那。

このブログを見つけてこの記事を読んでくれたあなたがどの状態にいるかは分かりません、あなたが頑張っているのを真にいつも見守ってくださっていてやきもきしてくださっているのが神様です。
神様に繋がって神様に力を求めれば

「神様はあなたに気力も体力も活力も霊力も心の余裕も霊肉の癒しも全て与えてあげられるのに」

神様はずっとあなたのそばに救いの手を差し伸べているのに、あなたがその神様の手を取らなければ神様は力も愛も与えられないんです。

あなたをどんどんと苦しめて、悪循環に陥らせる「サタン」、その魔の手からあなたを救い出したくても、神様は基本的には手を出せないんです。あなたが神様を求めて頼っていないのに神様があなたを助けると「サタン」があなたに嫉妬してさらにあなたを苦しめるから・・・・・・。

あなたの余裕のない心や罪にサタンは付け入りあなたをさらなる罪に落としていきます。エヴァ(女性)はアダム(男性)よりも肉体も霊体も弱く力ない存在です。サタンはアダムを堕落させるためにエヴァを騙し罪を犯させたように、あなたを狙います。

「神様、助けて。もう心も身体も限界です。力を下さい。癒してください。」

神様はあなたがそういってくれるのを心を焦がしながら待っています。

私は弱いです。たぶん、ラプト様を信じ神様を愛し活動する全ての兄弟姉妹の中で一番弱い存在かもしれません。一番ちいさいものかもしれません。ですが、強い人間の心は強い人間がよくわかりように、弱い人間の心は弱い人間のほうがわかるというもの。ですから強いアダム(男性)がいて、弱いエヴァ(女性)がいる。そう神様は作ってくださったと思います。弱いものを助けられるように・・・・・・。
 エヴァが神様を強く愛すれば本来はどんなものにも勝てたのです。愛するものを守る女性が強くなれるように。ただ、一番に愛を捧げる人を間違えてはいけません。
 エヴァは神様を一番に愛することが出来れば「原罪」を犯さなかった。エヴァを真にどこまでも強く美しく輝かせてくださるのは「真実の神様」です。どうか、この記事が弱く苦しむあなたに届きますように。どこまでも強くありたいと気を張り肩肘を張り頑張っているあなたに届きますように。

私はRAPTさんの活動に賛同し、この世の支配者層がひた隠しにする彼らに不都合な真実(RAPT理論)を広め、真の神様を信仰する者の一人です。

主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

近況報告

はじめに・・・・・・
私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

こんにちは、ASINIです。
まだちゃんと(信仰的にも、人間的にも)生きてますww

さて今月はRAPTさんと神さまを愛する兄弟姉妹たちにとっては激動の月でした。RAPTさんに工作員として嫌疑をかけられ教会出入り禁止を言い渡されても、私たちに賛美歌を作ってくれていた人物が神様の計らいにより自ら「工作員」だと白状し、自分を工作員として送り込んだ宗教団体まで暴露してしまうとは。さらにツイッターに曝け出した彼女の本性はなんて下品で下劣(ーー;)。
 ですがこれで「RAPTさんのいる私たちと神様の教会」に入り込もうとした工作員たちの出処がはっきりしました。彼らは私たちの教会だけでなく、ありとあらゆる宗教の教会などに入り込み、そこの信者を自分達の宗教「全能神教会」にとりこもうと暗躍していたことが明らかになりました。

彼らの本拠地「中国」では、この「全能神教会」を邪教とし弾圧しているそうですが、彼らは日本に入り込み様々な宗教の信者を抱きこもうと画策し、行動しています。入信しなかった者、脱退しようとする者をリンチし殺してしまったり、ハニトラのようなこともやって信者を増やす。そんなあくどいこともしています。
彼らの所業や活動は兄弟姉妹、仲間たちによって次々と顕にされていますので詳しく知りたい方はツイッターを御覧下さいませ。
志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

ではでは、私の近況報告。子供に暴力を振るうことを完全に断つことが出来ました。暴力といっても怪我やあざをつけるようなひどい暴力はもともとしていませんでしたが、何かのきっかけで頭をどついたり(一応力加減はしているつもり)乱暴な扱いをすることをやめることが出来ました。どんなに加減しているつもりでも子供にとって暴力は暴力です。この悪循環を断ち切らせてくださった神さまに深く感謝を捧げます。そして私の子供を心配してくださっていた方々もいらっしゃると思います。ご安心ください。もうやめました。
 暴力はやめられましたが、もう一つの問題に今取り組んでいます。それは「子供をどなりつけること」反抗期真っ盛り、人の言うことには逆らってみなくては気が済まない「魔の三歳児」。危険なこと、行儀の悪いことを諭してもまったく聞いてくれません。ついつい声が大きくなり威圧的に(==;)これもクセになるもので繰り返すと少しのことでもイライラし、声を荒げてしまう日々。この罪を改善(悔い改めて)いかねばなりません。とは言え、子供には大事なことは従ってもらわなければなりません。このうまいさじ加減、ちょうどよい加減を模索中。
「怒る」と「叱る」は違うといいますが、口ではすぐ言えることですが実際に実行するとなると難しいものです。
 とりあえず、どなりつけるのは「一日一回まで」と制限を設けて模索してます。そして私の怒りっぽい性格、短気な性格を直せるように神さまに悔い改めさせてくださいますよう祈っています。

 根本的に持っている性格ですから自分一人で直すのはムリです。ですが神さまになら容易です。どうか私のこの性格を直してくださいますように。

あ、全然話しが変わりますが、前々から何度か話していた「私のクモ嫌い」神さまに祈っていたら8割方改善されました。昨日、ちびすけと遊んでいたら、頭の上からクモが・・・・・・一番恐れていた状況です(;△;)。ですが冷静にクモの糸を掴みクモを避けることが出来ました。さらにそのクモがその糸を辿り腕の上に乗ってきても落ち着いて外に出すことが出来ました。今回のクモは1cmくらいの黒っぽくない花クモのような明るい色のクモ。それでも触れるなんてとんでもなかったのに・・・・・・。
 みなさんにとってはこんな小さなことですが神さまは「人間の脳に働きかけて変化させることが出来る」ということの証明です。根本から持っている性質・性格を変えるには時間がかかるとは思いますが、真実の神さまに頼れば必ず出来ます。そのことを信じて神さまと二人三脚で歩んでいこうと頑張っています。

ではでは近況報告でした。ASINI。

どうか皆様が真実の神さまに導かれ、真の幸福で充実した人生を送ることが出来ますように。同じ悩みを持つ方々が神さまの導きと御力で、悩みを解決することが出来ますように。ASINI。

私はRAPTさんの活動に賛同し、この世の支配者層がひた隠しにする彼らに不都合な真実(RAPT理論)を広め、真の神様を信仰する者の一人です。

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

今日は久しぶりに雑談など・・・・・・

写真は「ノブドウ」花言葉は「慈悲」「慈愛」など

はじめに・・・・・・
私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

今日は久しぶりに雑談をばw

一度どこかで書いたかもしれませんが、私のペンネーム「あしにあい」は、私と私を助けてくれた人間天使さん(ツインソウルだと思い込んでいた人物、詳しくはASINI考察-ツインソウルについて-のシリーズをお読みください。)の名前を合わせて組みなおしたものなんです。

私が、神様に出会って神様から得た知識と悟りと福音を書いているこのブログ、そんなブログにさんざ「悪魔が作った教え、概念であるスピリチュアル」の考えである「ツインソウル(と思っていた人)」の名前を足してペンネームを作ったペンネームを使うなんて何て大胆な?!と思われる方も多いことでしょう(^^;)。私もずっとそう思いながら使っていました。元々私は小説家や漫画家にあこがれていたこともあり、色々なP.N(ペンネーム)を持っていたのですがどれもしっくりこず、このブログをやるために新たに考えたものなんです。神様の嫌われる、神様とサタンの考えを混ぜ合わせる・・・・・本当に大胆不敵ですね(^^;)最初の頃こそビクビクしながら使っていたのですが、神様がツインソウルの記事を書かせてくださったことにより、私の「ツインソウルの相手」だと思い込んでいた人が実は「神様が私を助ける為に送ってくださった人間天使のような人物」とある程度判明し、それからは大手を振って使っていました。

そして、「あしにあい」を最初は「あしに(ASINI)」と「あい(アイ)」に分け、自分を客観的に見るキャラクターとして紹介し、記事を書き続けていました。 自分を(あしに)とし、サタンである方を『アイ』にしたのはたんなる偶然でたいして深く考えていたわけではないです。まぁしいていえば『アイ』に自分を見つめる『目(Eye)』の意味を込めたかった、くらいですかね。

その『アイ』がサタンだと判明し、聖なる方々の力により削除されたわけです。次元の低い『アイ(愛)』、ツインソウルに絡む異性の罪の『愛』を抜き去ったことになります。良く出来てますね~。まるで細かく設定したかのよう。さきほども書きましたように私にはそんな深い意図もなくただ軽くなんとなしにした設定。

こうなってみると、もう既にこのブログを書こうとペンネームを考え出した時点で【神様の手のひらの上で踊っていたことになります。】こうするためにこんな大胆不敵な名前にさせてくださった神様に脱帽です(^^;)。

そして私が一番弱いのは「愛」。存分に満足する愛を受けて育ってこなかった為、「愛」に疎く人を愛することも苦手。しまいには愛するがゆえに自分の子供を正しくしつけようと「肉的暴力・精神的暴力」を振るっていた私。そんな歪んだいびつな愛を完全に捨て、【本当に正しい愛の人】にいつかなることができるでしょうか。私が最後まで神様についていければきっとなることが出来るでしょう。私は失った『アイ』次元の低い愛をどこまでも神様の愛に変えて求めていかなければなりません。完全な「あしにあい」と名乗る為に・・・・・・。

とはいえ、いくら悟ったとしても人間そんな突然に変わることは出来ません。人間を創られた神様はそんなことは百も承知です。ですから何年もかけて毎日少しづつ変わっていく努力をしなければなりませんね。毎日1cmでも自分の霊・肉・魂の次元を上げられるように。一日1cm次元が上がれば1年で365cm普通の事務所ビル1階分くらいの高さでしょうか。神様と一緒なら一日1cmよりももっと高く成長できるかもしれません。5cmか10cmか。

今現在たくさんおられる兄弟姉妹の中でも私は一番小さいものでしょう。そんな小さい私が毎日少しずつでも成長することが出来ますように。

とはいっても、一口に「自分の次元を上げる」と言っても具体的にどうしたらよいのかわからないですよね。そんな方は【RAPTさんを通して語られる神様の御言葉を聞いて】小さいことから忠実に行えるようにするのが得策といえます。

主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

さて、今現在私は自分の息子とした約束「もうママはちぃくんのこと叩いたりしないよ」を日々頑張って守ろうとしています。穏やかに過ごせる日々が日に日に増えてきました。ですが3日に1回とか一週間に一回、ちょっと気を抜くとお尻をこづいたりしてしまっています(;;)
早く完全に子供に暴力を振るわなくなり、言葉の暴力や大声での脅しつけも無くさなければ。日々神さまに祈りつつ頑張っています。

2つ目のブログの次元もあげて行きたいので、日々植物の知識を高めようと低い野山を歩いたり、野原をこまめにパトロールしたり。低い山だけでなく、標高の高い山の植物の知識も欲しいwwそのためには登山をしなければなりません。その登山のためにたまに行っていたランニングをやめ、足腰を鍛える筋トレと傾斜角をつけてのウォーキングに切り替えました。40過ぎですからこちらもすぐに筋力はつかないとは思いますが、少しずつ頑張って行きたいと思ってます。

「毎日を前向きに、明るく楽しく一生懸命過ごす。」

よく聞く言葉ですが、それをするためにムリをする方々がいます。ムリに明るく振舞い、ムリに楽しく前向きに……。
カラ元気は逆に疲れてしまい、「ウツ」を呼びます。

神さまとつながって日々を過ごせればそれは「ムリ」ではなくなります。心の中にどんよりとした雲を満たしたままではどんなに明るく前向きになろうとしても「ムリで疲れ」ますが、神さまは心の中の雲を取り去ってくださり光を差してくださいます。 どこまでも晴れ渡った青空の中、どんよりした気分を保つのは楽なことではありません。 「ムリに前向き」ではなく「自然に前向き」になって生活できるのです。 これがどれほどの祝福でしょうか。

どうか皆様が真実の神さまに導かれ、真の幸福で充実した人生を送ることが出来ますように。ASINI。

私はRAPTさんの活動に賛同し、この世の支配者層がひた隠しにする彼らに不都合な真実(RAPT理論)を広め、真の神様を信仰する者の一人です。

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

自身が虐待されて育った記憶を持ち、現在小さなお子様を抱えて悩む全ての姉妹へ-サタンの巧妙な罠-

DSC_1352

クサフジ花言葉・・・・・・「私を支えて」「生命力の旺盛な」

はじめに・・・・・・
私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

おはようございます。ASINIです。今日はかなり狭い範囲の方対象のブログになってしまいました(^^;)。姉妹へ、と書きましたが同じ経験を持って同じ状況におられるのなら兄弟となっている方にも当てはまることはあるかと思います。そして、今現在、似たような立場でお悩みの方々にとっても救いとなれば幸いです。

私がこの事をお話するには大分勇気が入ります(^^;)。ですが、私が恥を掻くことで一人でも多くの人々の目が開け悟りを得、救えるならばいくらでも恥を書きましょう。もともとそういう思いで始めたブログですから。何か似たような聖書の聖句がパウロの手紙にあったような・・・(^w^)。

さて、幼い頃ご両親または片親、または親代わりの人に暴力などの虐待を受けた記憶をお持ちの方は少なからずいらっしゃると思います。そしてその中で今、子供(特に幼児)を持っている方たちは何人いらっしゃるか分かりませんが、ご自分の子供に手を上げてしまったご経験、ありませんか?

特に幼児だと自分の言葉を受け付けず癇癪を起こし、「軽く叩く」や「頬をつねる」「大きな声で怒鳴りつける」などのちょっとした痛みやショックを与えないと話を聞かず言うことを聞かない。そんな時ありませんか?私がそうだから言いますが、暴力や体罰的なものをを受けて育った人間というのはそこの罪のラインが低いです。
世間的に体罰は良くない。暴力や恫喝は良くない。と言われている事に自身の経験も相まって大いに賛成しながらも、同時に、「小さい子供は怪獣だから一旦火が付くと止められない。正しいことを教える為には多少のショックを与えることも止む無し」と考えを持っている方もいると思います。そして、最初の頃は遠慮して冷静にちょっとだけショックを与えるつもりでちょびっと頬をぴしゃんとやったり、大きい声を出してびっくりさせたりすることがあるかと思います。私もその一人です。それも必要悪、正しいことを教える為には正義だと考えて実際に行ってしまっている自分がいます。さらに、私と同じ経験を持ち子供を二人育て上げた友人も全く同じ考えを持って育てていました。

【それ、とても危険です】

そんなこと分かってるよ。ちゃんと加減してやってるし、あくまで理性的にやっているから問題ない。と反感を抱かれる方もいらっしゃるでしょう、ですが、その加減、そのボーダーライン、どんどん低くなります。何度叱ってもすぐに忘れ同じことを繰り返す子供、2回目、3回目、本当に同じラインで同じ叱り方できますか?出来ないと思います。
逆に「コイツはちっとも身に染みてない、自分のいうことを受け入れていない」ならば、と、どんどんと強く叱るようになり、感情的になり、他のちょっとしたことでも大声を上げ、【反射的に手が出るように】なってきます。例え最初の頃行ってしまったちょっとした体罰、そこにどれだけ罪悪感を抱き反省したとしても・・・・・・次第に罪の意識が薄れ、言葉を理解できない幼児には必要なことと価値観がすり替わります。もともと上記に書いた思想を持っているのでいとも簡単にあっさりと価値観がひっくり返ります。

そして、その暴力の連鎖は親から子へ、子から孫へと引き継がれていきます。自分の子孫に罪が代々及ぶのです。【罪だなんて大げさな】と、思われますか?そうちょっとでも思われた方はもう完全にサタンの思うツボに陥っています。あなたは子供時代、虐待されていた時代そしてその後、そんな【自分に暴力を振るう親を恨み、愛憎の念を抱いていた】にも関わらず、虐待されていた自分自身を、【自分が生まれてきたことが罪】とまで考え憎まされていたにも関わらず、ことに自分が行う立場になると 【罪だなんて大げさな】と考えるのですか?

あなただけを責めているわけではありません。冒頭に【私の恥をさらす記事】と書きました。私の罪は神様を愛し始めた時、一時はおさまりました。でも、私の中のそのことへの罪の意識が低かった為、すぐに消えたことでその罪は消えていないのに自分で勝手に消えたと思い込んでいたのです。今現在子供が魔の3歳児と呼ばれる歳に至りそのことを神様に気づかせて頂いた次第です。サタンにすりかえられた価値観、その罪深さを深く反省しました。

これからの時代、自分の子供を善い人間として育てて行きたい、我が子だけでなく、世界中の子供たちが神様に愛され祝福される人間に育ちますように、と神様にいつも祈っていたにも関わらず、私はサタンの誘導に引っ張られ、それ(正しさを教える為には多少の暴力は必要)が正しいことと思い込むようになり、罪を罪と思わなくなり、最後には反射的に手が出るようになっていたのです。たとえどんなに力加減をしてケガやあざなどがないように計らっていたとしても【罪は罪】です。子供は親が力加減をしてやったかどうかはわかりません。

子供は自分の「お母さん」「お父さん」が大好きです。子供を憎む親は存在しますが、親を心底から憎む子供は存在しません。激しい憎悪も、自分を罪と思い込むことも親への愛の裏返しです。まして小さい子供はなおさらです。
本当は「ママ、パパを困らせることはしたくないのです」なのに知恵が足りなくて知能が足りなくて怒られた事失敗した事を忘れてしまうんです。さらにもう一つ子供が「ママ、パパを困らせてしまう原因」があります。というかコレが一番の原因だと思います。ピンポイントで親の怒りの琴線に触れることを行わせるもの・・・・・・霊的サタンでありそれらに使われた悪霊、雑霊です。

神様はRAPTさんを通して仰います。【人間はサタンに使われれば人間サタンとなり神様に使われれば人間天使となる】ということは、【人間は自分達が思う以上に霊界の影響、霊という存在の影響をモロに受けている】ということに他なりません。

「子供は小さな天使」とよく言います。と同時に「子供は小さな悪魔」でもあります。純粋なだけにどちらにも簡単に影響を受けてしまうのです。

神様はこうもおっしゃいました。神様から大きな使命を与えられた者、神様により近い者は、サタンに狙われると。そして神様に力を与えられてサタン化した者は大きな悪の影響力となると。

生まれたばかりで純粋で神様に近い存在、まだ魂が、霊魂が美しく、おそらく潜在意識に神様と通じ生まれる前に神様から貰った使命を覚えているかもしれない存在、そんな【子供】を悪魔が放って置くはずがありません。

親から子の暴力、もしかすると先祖から引き継いできた罪・・・・・・次々と連鎖する罪に落としてしまえばそれだけサタンは楽に人々を堕落させ地獄に落とすことが出来ます。親からの虐待は死なずともこの世ですでに地獄です。そこで世界に失望し自分に失望し、自ら希望を受け入れず拒否すれば絶望と変わります。絶望の化身絶望の神サタンのものになってしまいます。
「親から愛を受けていない者、愛を知らない者は工作員(人間サタン)になる可能性が高い。」
とRAPTさんもおっしゃっていました。まさにそんな幼い時からサタンの洗脳、取り込みは始まっていたんです。そこまで気付いたとき私は本当に自分の罪深さを悟りました。自分の子供を愛しながらも、サタンの手に引き渡していたのです。これも私がサタンに今までどれだけ主管されてサタンの考えに近い考えをしていたかの告白ですね。
RAPTさんがRAPT理論や御言葉などでカルト宗教は「自分の子供を虐待させる」「虐待を受けた子供は多重人格となりサタンの手先として使われる」そう何度も仰り、自身も被害者としての記事を書いていたにも関わらず・・・・・・。
悪魔崇拝者たちの多くが多重人格者であり、幼少期から虐待を受けてきたという現実。RAPT

どれだけ自分が神様の御言葉をつまみぐいしていたか、サタンに罪を見えないものにされていたか、被害者が加害者となる現実を忘れていたか、工作員の話を他人事として聞いていたか・・・etc.
ほんと泣きながら罪を悔やみ神様に赦しを請い、罪を滅ぼしてくださるよう祈りました。
自分の子供にも今まで犯した罪を謝り許してもらいました。
「うん。いいよ。ぼくママのことごめんなしゃいするよ^^。ぼくもごめんなしゃい。」と明るく答えてくれた3歳の子供がどれだけ理解していたか分かりませんが霊は理解してくれたと考えたいです。4歳になると知能もあがり大人のひそひそ話のなんかもはっきり理解することができますが・・・・・・(実体験)。
「今日からママはもう、ちぃ君のこと叩かない、約束する」と誓ったのは3日前のこと、なのに昨日の夕方、反射的に手が出てしまう。御言葉【罪はクセになる】本当にクセになってました。恐ろしいことです。

そのことを大事に至る前に真に悟らせて下さった神様に心から感謝いたします。たぶん自分一人ではクセになりいくら罪悪感を持ち自分に嫌悪感を抱いたとしてもやめられなくなっていたでしょう。そんな悩み苦しみをもつ親御さんはたくさんいますし、そのために児童相談所があるはずです。痛ましい、悲しい事件が後を絶ちません。経験が無い人は簡単に言います。子供を殺してしまった「親を憎い」と。その親がどれだけ苦しみ辛い思いをし、サタンに主管されていったのかの過程を知らずに・・・・・・。多くの人々が神様とつながり、社会が真に愛のあるものに変化しこれ以上「サタンの犠牲となる悲しい親子」が出ないことを願います。

RAPTさんは神様の御言葉で仰っています。【サタンは少しずつ小さいことから罪を行わせ、罪へのハードルを低くさせてクセにさせ抜け出せなくし、最後には大きな罪を犯させる。】

あ、余談ですが、【子供を愛さない親はいない】という言葉、あれはサタンの作った完全なるウソで洗脳です。【子供は親を心底憎むことは出来ませんが、親は簡単に子供を憎む】こちらが真実です。なのにサタンたちが【子供を愛さない親はいない】と言うのはその言葉に子供たちをすがらせて親の愛を信じさせ切望させ妄執させるためのものです。少し離れれば関係が元に戻ることもあるし悲惨な事故を防げることもあるのに・・・・・・そのウソの言葉を信じた子供は最後は絶望に突き落とされます。

なぜこの記事を特に姉妹指定でタイトルを書いたか、もう皆さんは悟られてるとは思いますがここで終わっても尻切れトンボなので最後まで書かせていただきます。

時々、日本において海外の猟奇殺人者の話が出ることがあります。その殺人者が出来上がった背景には愛への妄執、固執、切望と失望があったとよく言われます。そしてそういった日本で紹介される殺人者の多くが、何故か、敬虔で厳格なクリスチャンの母親や両親・親戚があり、そんな親や親戚に虐待されたというプロフィールがあったりします。日本のアンチキリスト教キャンペーンの一つでもあるでしょうが、実際にそのケースは多かれ少なかれあるんだと思われます。

もちろん真実に敬虔で真面目で愛のあふれたクリスチャンの方はまだいらっしゃるでしょう。多くの方は子供や幼児を虐待するような捻じ曲がったクリスチャンではないでしょう。ただ海外ではクリスチャン人口が多かったからたまたまかも知れませんし、多くのクリスチャンの方には迷惑な話です。

ですが、どうしてそういうことになったか。答えは【サタン】にあります。もちろん神様を最優先で愛そうとすれば子供は時に邪魔で疎ましく思われる時もあるでしょう、ですが、そこを【サタン】に利用されます。【子供を正しく育てる為厳しくしつけるのは神様のため】=【神様の為には厳しい罰も止む無し。親のいうことを聞かないことは罪と聖書にも書いてある(実際書いてある)】と、【罪を神様の為とすりかえて犯させることはサタンにとって簡単なこと】です。実際、私もそんな論法に陥りかけていました。罪を神様になすりつける最悪な行為でした(;△;)。

サタンは人間を恨みます。特に神様に愛される人間を憎みます。ですから私たちはサタンのその罠に気をつけないといけません。サタンは特にクリスチャンを憎むのです。そして、神様を信じ愛する本人を堕落させる為にあらゆることをします。

神様とRAPTさんはあらかじめ警告されています。サタンは神様を愛するあなたを憎み、「あなたを堕落させる為家族に入り家族を使ってあなたを罪に堕とす」と。

大概、旦那さんとか親戚とかある程度知能を持った大きいお子さんとかを警戒されることでしょう。私もそうでした。小さな子供は無垢で純粋と思い、イヤイヤ期も成長過程、まさかそこにサタンが入るとは思ってもみないでしょう。

しかし純粋な人というのは善人の言うことも素直に聞きますし、悪人の言うことも素直に聞いてしまいますよね?それで簡単にサギ師に騙されたりなどもしてます。

子供はその最たるものです。子供には鳩の純粋さはありますが、ヘビの賢さはありません。純粋で知能の低い子供、生まれて間もない美しい霊魂、神様から創られた記憶が無意識下に残る神様から遠くない存在、神様と愛を成すクリスチャンと同時に憎い存在が子供です。そして、子供は霊的に敏感です。大人に見えない者がばしばし見えておりそれだけ霊界に近いものでありサタンや悪霊が干渉しやすいのです。

20歳までに霊的経験があったものは霊が見えるようになるという全く根拠のないオカルト話がありますが、言いえて妙です。幼児もそうですが、思春期くらいの子供たちまでは警戒したほうが良さそうです。霊的なオカルトチックな事件などは思春期くらいまでの子供の間で起こっていますから。親もこの辺までは干渉したくなる年頃でしょうから、反抗されればカッとなるでしょうし、サタンにとっては狙いどころでしょう。

サタンに使われるのが旦那さんとか妻ならばそれはそれで苦しいでしょうが、ある程度距離をおくことができるでしょう。しかし距離を置くことの出来ない子供が神様を愛し神様に手厚く守られるようになるまではこちらを特に警戒したほうが良さそうです。

幼児が癇癪を起こし(癇癪でなくても)手をつけられなくなった時癇の虫が起こったと昔の人は言いましたが、癇の虫(=サタン)だと悟り、神様に子供の加護と対処を祈り求めることが知恵ですね(^^;)。自分の怒るピンポイントを何度も突くのもサタンのせいだとわかれば、もともと善良なみなさんのこと、諦めがつき怒りも収まることでしょう。RAPTさんを信じ、真実の神様とつながっていれば私たちには怖いものはありません。


どうか同じ悩みを持ち、この記事に導かれてここまで読んでくださった方、真実の神様を求めることに興味を持った方はぜひRAPT理論とRAPTさんの朝会の御言葉を一度でも聞いてみてください。本当に私たちに力を与えてくださり、守ってくださり、願いを叶えてくださる神様を悟れることでしょう。

(↓以下の文章はRAPTさんを通して語られた神様の御言葉より、その聖書解釈をもとに書いています。)
羊は羊飼いの声を聞き分けるという内容の聖書の聖句はどこの既存のキリスト教も教える聖句ですが、その羊とは【神様と愛を成す資格を神様が与えてくださった者=神様に導かれた者】ということです。 今現在クリスチャンかどうかは関係ありません。
神様が旧約時代のモーセを選び出し律法(一般的にモーセの十戒)が与えられました。新約時代イエス様を与えられて律法からキリスト教という新しい教えを与えてくださり羊となる者を導かれました。羊はイエス様の声と言葉から真実の神様を感じとり古い教え(律法)からキリスト教へと次元を上げました。歴史は繰り返されると聖書にかいてあります。生まれ変わりはありません。モーセが生まれ変わってイエス様になったわけではありません。イエス様は「私は再び来る」と仰られました。イエス様の言葉は神様の言葉ですから「私=神様」です。「神様は再び来る」ということです。神様は再びこられた時には、律法(旧約)の教えから次元が上がったキリスト教(新約)の教えがもたらされたように新しい教え(成約)の教えがもたらされます。さらにイエス様はこう仰いました「地上に分裂をもたらすために来た」と。イエス様から神様の声を感じて信じた者を選び出し、山羊であったユダヤ人やファリサイ派律法学者などをはじき出しました。弟子たちからイエス様の教えを聞いて信じた人(律法を知らぬ者、割礼無き者)たちも選び出して頂きました。なので、そこにはもともとのユダヤ人とかイスラエル人というのは関係ないのです。なので今の時代でも全く同じことが言えます。

そして、サタンの毒に毒されていない善良なるクリスチャンの方、キリスト教を通して真実に神様を愛して来た方、そんな方がもし残っていらっしゃるならば、あなたが真実の神様に救い上げていただけることを祈ります。

こちらにリンクを貼りましたのでこちらの門から入ってくださいね。(残念ながら有料です。本来なら無料で全ての人に聞いて頂きたいのですが、そうすると心無い人々の妨害や誹謗中傷が激しくこういう方々を少なくするため止む無く有料となっております。)こちらでリンクした記事の下のほうには最初の方が分かりやすい有料記事への各リンクが貼られています。そちらからご興味ある記事のリンクを選びその月の金額をお支払い手続きされればよいかと思います。
主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

私はRAPTさんの活動に賛同し、この世の支配者層がひた隠しにする彼らに不都合な真実(RAPT理論)を広め、真の神様を信仰する者の一人です。

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

今回引用した聖書の聖句

ヨハネによる福音書 「羊の囲い」のたとえ (10.1-10.6)
「はっきり言っておく。羊の囲いに入るのに、門を通らないでほかの所を乗り越えて来る者は、盗人であり、強盗である。門から入る者が羊飼いである。門番は羊飼いには門を開き、羊はその声を聞き分ける。羊飼いは自分の羊の名を呼んで連れ出す。自分の羊をすべて連れ出すと、先頭に立って行く。羊はその声を知っているので、ついて行く。
 しかし、ほかの者には決してついて行かず、逃げさる。ほかの者たちの声を知らないからである。」イエスは、このたとえをファリサイ派の人々に話されたが、彼らはその話が何のことか分からなかった。

ルカによる福音書 分裂をもたらす(12.49-12.52)
「わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。その火が既に燃えていたらと、どんなに願っていることか。しかし、わたしには受けねばならない洗礼(パブテスマ)がある。それが終わるまで、私はどんなに苦しむことだろう。あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。今から後、一つの家に五人いるならば、三人は二人と、二人は三人と対立して分かれるからである。

ついに決着!!ASINIと『アイ』

DSC_1623

はじめに・・・・・・
私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

こんにちは、ASINIです。先日、とある方からご意見、アドバイスを頂いたので今後の私の記事には上記の前文をつけることに致しました。初めて私のブログにお越しの方は前置きをお読みくださり、自己責任wのもと本文をお読みくだされば幸いです(^^)

長く引っ張りに引っ張った私の中のサタンとの決着をようやく書くことに致しました。続き物になってますので話の流れを忘れてしまった方は以下のリンクからお読み下さい。
『ハイヤーセルフ』に騙されないで!

ハイヤーセルフに騙されないで!-『アイ』の正体-

ついに決着?!ASINIと『アイ』-『アイ』の正体-

私のスピでいう所の「ハイヤーセルフ」のふりして、ずっと私に巣くっていたサタン『アイ』。表面的には去ったように思えたのですが、私の小さい時からの悪い癖『悪なるものへの同情心・悪なるものの悲しみを想う気持ち』を振り払うことが出来ず、それどころか日々その考えが増していく。そんな自分の罪【サタンに愛を与えてはいけない】を払拭するべく3日間の断食と1週間の祈り (これは信仰生活に課されるものではありません、あくまで自分の意思で行っているものです。誤解なきよう、念のため。(^^)) を行ったところ、そんな雑念が消え、本当に調子の良い時には2時間半~3時間近く祈れるようになりました。

よし、これでもう少し祈りを頑張ればもっと明け方の祈りをラクに行えるようになるかな。なんて考えていたのが6月。7月に入りちょうど旦那が長期出張に行くというので、3日の断食で大分身体が軽くなりこりゃいいダイエットにもなったな~もうちょっと絞りたいし祈りのレベルも上げたいな。と調子に乗った私。これ幸いともう一度3日の断食を行い、4週間祈りと御言葉に集中するという生活を送ってみようという目標を立てました。

明け方の祈りは頑張れば3時間近く祈れるようになったのでもう少し頑張れば3時間半。これをラクに楽しく行えるようになれば一人前に近づく(^^)と、携帯と時間とにらめっこしながらねばりつつ、祈り終わって二度寝して起きれば、今度はRAPTさんの過去の朝会の御言葉を聞くことにひたすら没頭(聞けば聞くほど色々なことが分かって面白いのでついつい聞いてしまう(^^;))もっと聖書も読んで昼間の祈りも少しでも捧げなければと思いつつ、過去の御言葉音声データをあさる日々。ちなみに余談ですが、断食中は味のない水はいくら飲んでもOKです。私は水素水が飲みやすくて好きだったので水素水を飲んでいました。体験としては水は一日2リットル弱飲んでいれば筋肉も落ちにくく体調も崩しにくいです。ただ、私の場合はたまにミネラルウォーターも取り入れたほうがよかったかな~と思いました。水素水はミネラル分が全く無いに等しいので、ミネラルウォーターも入れつつミネラル補給したほうが良かったかもです。(終わってから若干の歯の知覚過敏がありました。バランスの良い食事を心がけて2~3日で完治しましたが(^^;))

RAPTさんの過去の朝会の御言葉を聞けば聞くほど祈ることが増え(ありがたい)、こういっては何ですが、どんどんと祈りの時間が稼げるようになってきました。そして、神様がどうしてその祈りを捧げなさいと仰るのかその理由も分かって捧げられるようになってきました。着々と自分のレベルが上がっていくのを感じながら日々を重ねていきます。ふと気づくと3時間半祈ることがラクに行えるようになっていました。

そんな生活を行って3週間目の明け方・・・・・・祈りを捧げていたときのこと。
「神様、どうか私が神様が救ってくださった恩をお返しすることができる人間になれますように」
「神様の御旨(みむね)、御心(みこころ)にかなう人間になれますように、力と能力を授けてください」
いつもどおりそんな祈りを捧げていたとき、自分の中にうっすらと何も出来ない自分に対する劣等感があることに気づきました。その感情に気づいた途端に、また頭をもたげてきた【サタン(ルシファー)の想い】

今まで神様に長く仕えてきて神様のためにたくさんの働きをしたのに、神様の役に立つ自分、その自分を差し置いて神様は【神様にとって益にならない人間】にも愛を注ぐ・・・・・・【自分はこんなに働いてやっと愛してもらってるのに、あいつらは何もしていないのに存在しているだけなのにただそれだけで神様に愛してもらっている】自分は人間に劣る存在なのではないか、という劣等感が流れ込んできました。それは私が幼いころから【弟に抱いていた劣等感】とリンクしていました。「自分がこれだけやってやっと自分のことを見てくれる親、なのになにもしていない弟に対しては彼が何をしなくても手放しで愛してくれる、自分よりも優先して・・・・・・自分は彼に劣っている。親に愛されて生きてきたクラスメイトや友達・・・自分は劣っている」その気持ちを払拭する為に「自分は特別」だと思い込み、自分は正しいと思い込み虚勢を張る毎日。

そう、私の【サタンに対する同情】はどこまでもリンクする私の負の感情、気づかないように押さえつけてきた感情。そして私のその劣等感の奥底にあったもの・・・・・・ルシファーがサタンと化した奥底の罪・・・

【失望】

受け入れられない自分に対しての「失望」、自分を受け入れてくれない世界に対しての「失望」、自分の「生」に対しての「失望」。その罪を抱き続け、捨てることなく暗い闇に引きこもりどこまでも【希望】である神様に反逆したルシファー・・・・希望を失い、断たれた者、ヤケになり自分を呪い、自分もこの世界も人間も滅んでしまえばよいという望みを抱いたもの、望みを絶った者【絶望】の化身と化した者。

これが、私がサタンに同調し、どこまでも意固地に神様を受け入れられない者と同化同調してしまう罪。サタンにつけこまれる隙。そりゃ私が神様と深くつながれないわけです。そこに気づいたとき、私のその後の祈りはどこまでも深く神様の慈悲深い愛に包まれて・・・・・気付いた時には明け方をすでに過ぎて日もだいぶ高くなっていました(^^)。

サタンは失望したものの神、絶望の者と悟った私は彼らの滅びを祈ることに迷いがなくなりました。自ら希望を断った者に負けるわけには行きません。私には【どこまでも希望である真実の神様】がついているのですから。

ですが、その時点ではまだ「工作員」と呼ばれる人々、いつまでも「失望」の中にとどまっている人々がどうして【祈る】のか、サタンによって毒を混ぜられた教えにとどまり、希望に手を伸ばさないのか、 「失望」しているのに何を頑張るのか 、それどころか周囲の人々までをもその虜にしようとするのかがわかりませんでした。

そのことを悟ることができたのは自分の霊を磨く為にもうけた「4週間」が終わる3日前。RAPTさんの過去の御言葉を聞いた時でした。工作員の原動力は【罪悪感】だと。【罪悪感】で祈り【罪悪感】で働き【罪悪感】で生きるのだと。

そうでした、自分でも書いていました。人間サタンは人を【罪悪感】で縛り、自分の意のままにすると。その親である霊的サタンの所業はなおさらです。そして、私の祈りの中にもそんな罪悪感があったこと。今までの私の祈りは「工作員」と同じ波長を持っていたこと。それを神様は見逃さなかったのだと。

そしてその当日、朝会のRAPTさんの御言葉 (6/24)「毎年6月に主はサタンと人間サタンに対する裁きを強化し、7月から私たち義人がより壮大に主の御心を成すことができるように準備なさる。(自分の内からも外からも全ての悪を排除してこそ、人はこの世で真の幸福に満たされて生きることができる。) 」
ここで私は自分の中のサタン『アイ』と完全決着をつけられたんだろうなと、感じた瞬間です(^^;)そして私が思い立ち、実行に移したこれらのことはすべて神様からの導きだったのだと感謝したのでした。

そして、神様の行われることにはどこまでも意味があります。先週木曜日の記事を書かせていただいて、そして、昨日までのRAPTさんの御言葉を受けて、今日私にこの記事を書かせてくださって、私にもう一度くださったメッセージ。これを神様は、私とこの記事を読んだ兄弟姉妹に伝えたかったことだろうなと。

RAPTさんの朝会の御言葉 2019年6月30日(日)
聖霊の恵みを毎日、維持しつづけるためには、何年もの練達の期間を経なければならない。だから、聖霊の火が消えたとしても決して落胆することなく、常に聖霊の恵みを維持できるように忍耐強く研究し、努力し、もがきつづけなさい。

どうか全ての兄弟姉妹が神様に導かれ、どこまでも力を与えられて、練達を乗り越え、狭き門をくぐりぬけることが出来ますように。愛と祈りをこめて。ASINI。