原因不明の病に倒れ、常に健康不安が付きまとっていた私を健康にし、希望を与えてくれたのはRAPTブログでした。

DSC_6447

今年の9月ごろ、北海道の樽前山に登ってきました。

樽前山は中腹位まで車で行く事が出来るため、片道1時間くらいの初心者向けのコース登下山してきましたが、気力体力ともに満ち溢れ、とても気持ちよかったです。

そんな私ですが、5年以上前に原因不明の病に陥り、人並みの生活をすることすら困難になった時期がありました。

全身が重く、手足はパンパンにむくみ、触ると痛みが出るほど。
立ち上がる時は周りのありとあらゆる物に寄りかかり、よじ登り、時間をかけてやっと立ち上がれる状態。身体に少しでも負担をかけると、手足を動かすことはおろか、立つことも座ることもできずにその辺のどこかに転がり、寝返りも打てず、口も開けず、まばたきもできず、なんとか頑張ってかろうじて呼吸だけは行っている状態。その呼吸ですらも体力を消耗するので気を緩めるととんでもなく呼吸が浅くなり、
「ああ、私はこのまま呼吸が止まって死んだ方がラクになれるなぁ。このまま死んでゆくのかなぁ」
と、死を覚悟するほどの「廃人状態」まで落ちることが度々ありました。

ちょっと回復しても気を緩めると力が抜けるため、食事をしていても箸で食べ物を小さくすることもできず、箸でからあげをつかむこともできない握力。お茶碗を何度も落とし、みそ汁も持ったつもりで取り落とすため、「犬食い」。

記憶力もどんどん失い、3分前の自分の行動を覚えていないほど。ヤカンを火にかけ忘れるなど当たり前、ちょっと前の自分の行動言動を他人に聞かなければわからない時もありました。

どこの病院に行っても何もわからず、大学病院で1カ月の検査入院をするも、何の治療も見いだせず、「安静にしてください」とだけ言われ退院させられ仕事もできず、ほぼ毎日ベッドの上にいる生活をしていました。

インターネットで自分の症状に当てはまる病気を探し、どうすれば健康を取り戻せるかと悩む日々。

ありとあらゆる健康法を試しました。と、言っても運動すると廃人に陥ってしまうので、もっぱら健康食品を買いあさり試してみたり、菜食、糖質制限、断食などの食事制限を行ってみたり・・・・・・

週に二度、針治療に通い、電気を流し、マッサージをしてもらい。2週に一度特殊な整体を行う先生に施術を受けどんどんお金が無くなりました。

それでもなんとかそれらの治療法が功を奏したのか、多少は健康を取り戻し、軽作業くらいはできるようになり、働けるまでになれましたが、相変わらず針治療と整体は受けていました。

少し無理すれば倒れてしまい、回復に時間が掛かるため、「体力づくり」などというものもできず、相変わらず健康情報を集めては色々と試す日々。どれもこれも「これが正しい」という確信確証がなく、暗中模索していた日々。
いつまた「息をするだけの廃人のような生活」に逆戻りするかとおびえながら、少しでも元気な時に子供を産み、口には出さないけれど孫を期待していた義父母に嫁としての役割を果たそうと考え、これで体調悪化しても致し方なしと出産したのが4年前でした。

そんな状態でしたから、まともな子育てをおこなうこともできず、日の半分以上はベッドの上で過ごし、子供の状態をうかがいながら自身の体力を温存。子供を長時間抱いてやることもできない状態でした。

そんな私の生活が一変したのが、約2年前。【RAPTブログ】に出会ったからでした。

きっかけは北海道で起きた東胆振大震災、当時のテレビ報道等の矛盾、おかしさをきっかけに、何かおかしいとネット検索したどり着いたのが、【RAPTさんのYouTube、トークラジオ】でした。宗教の嘘、スピリチャルの嘘、癌の嘘、健康情報の嘘、ありとあらゆる世の中の情報のウソが暴かれており、聞いていると、いつも霧がかかったようにもやもやしていた自分の頭が不思議なほどすっきりとし、一日中ほぼベッドの上にあった体をPCの椅子の上に移し時間の許す限り聞きました。

それでもそのうちの何件かは素直に受け入れることが出来ず、信じることが出来ず、一体この方は何者なのだろうと、疑いと興味を持ち有料記事を買い、聖書を買い読み始め、同時に半信半疑で【RAPTさんのおっしゃる通り神様に祈りを捧げてみました】。

どうせ一般の宗教のように「何も起こらない」し、スピリチャルのように「何か起こっても一時的なものですぐに失われてしまうもの」だと思い、騙されたつもりで神様に祈りを捧げてみました。

すると、私が今まで経験してきたことの記憶、すっかり忘れてしまっていた記憶がよみがえり、頭の中がどんどん整理されて、【RAPT理論が本当だ】と確信できるような経験と記憶が次々と脳裏に浮上してきました。
RAPT理論を真実真理だと受け入れられる度に、どこまでも脳の霧が晴れ、頭のもやもやがなくなってきました。

数字や時間も一時すら覚えられなくなっていた私の脳がどこまでもスッキリし記憶力がどんどん回復し人並みの知能が戻ってきました。

RAPT理論にある正しい健康情報を知り、実践していくことでみるみるうちに健康が回復し、神様に祈りを捧げることでエネルギーも満たされ、エネルギッシュになっていくことが出来ました。

【健康が回復】どころか、病気に倒れる前の体力すら凌駕し、40も半ばになろうとする私の身体が、たぶん今までのどの若い頃よりも健康でエネルギッシュになっています。

半分以上ベッドで過ごしていた人間が、いまでは調子のよい時には2時間ほどの睡眠で活発に活動できたりしています。

登山だけでなく、今まではすぐ身体が悲鳴をあげるためできていなかった庭いじりがどこまでもできるようになり、砂利で埋めていた裏庭を1カ月ほどで改造。砂利を一部取りさり、ブロックを運び込み、囲い、園芸用用土を全部で200kgほど入れ、花壇を大小5つ作りました。

健康不安も世の中に対する不安もなくなり、毎日エネルギーと希望に満ちて暮らしています。

ワクチンとコロナパンデミックの嘘もRAPT理論で暴かれているので、子供や家族の健康にも不安を持つことなく、暮らせています。

子供は4歳ですが、RAPT理論を知ってからワクチン接種を止めていますが、年に一度風邪をひく位でいたって健康優良児です。風邪をひかないので鼻をうまく噛めず逆に困ってしまうくらいです。

一日3食食べるという食品業界得の間違った洗脳も解かれ、子供に無理に3食進めることもなく自然と一日2食くらいになっていますが、肥満はもちろんなく、ガリガリでもありません。むしろ幼児のわりに筋力も強く大人がなめてかかると驚くことがあります。

初心者向けの山、初心者向けのコースとは言え4歳児には大変だと思っていましたが、今年はこの樽前山ともう一つの山を、よっぽど足場が悪く危険なところ以外はすべて自分で歩いて制覇しました。下山中も親に抱かれることなくなんなら遊びながら下山し体力もあ余らせ、「もう終わり?」というセリフも出るほどでした。

RAPT理論とRAPTさんの伝えて下さる神様からのメッセージは、人間が生きる上でのストレスや問題、不安のほとんどを取り去ってくださり、幸福に導いてくれました。

RAPTさんを知る前と知った後では人生が180°変わりました。今では本当に感謝しています。このことは私と私の家族だけではなく、RAPTさんを知り、RAPTさんを信じ、ついてきた多くの仲間が体験しています。

どうか、皆様がRAPT理論とRAPTさんの神様からのメッセージが本物だと悟れますように。そして、この世の不安から解放され幸せに導かれますように。

どこかのカルト宗教のように何の利益もないのに、ひたすら献金をあおったり出家などを勧められたりすることはありません。安心してこの真実の扉を開き、真理に目覚め、幸せを享受していただきたいと思います。

RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論

RAPTさんInstagram

つれづれ

DSC_6487

RAPT理論に出会い、信仰を始めてから2年が経ちました。

まだまだ罪深く悟りも少なく未熟な私ですが、Twitterなどで発信した私の話や情報に耳を傾けて下さる方々がだいぶ現れてくださり、本当に感謝の限りです。

この2年の間にRAPT氏と兄弟姉妹によってたくさんの悪や不正、嘘偽りが暴かれ、

人々に悪なる考えや嘘を植え付け、「悪人」を「善人」だと洗脳し、「必要悪」や「多様性」などという耳障りの良い言葉で、罪を罪と思わせず、善と悪の区別ができにくいような世の中を作り出してきた、イルミナティの核心、実行部隊、巨悪の正体、悪人たちの最後の砦が

【創価学会とその信者である工作員】

であることが明らかになってきました。

聖書にある獣の数字「666」。そのサタンの計画、サタンの予言である大本教の思想、生長の家に引き継がれたそれらの計画は、多くのカルト宗教にも引き継がれていました。

その中で最も大きな団体で力を持つカルト宗教が【創価学会】でした。

これから、聖書にある【ヨハネの黙示録の裁き】が成就されようとしています。

大きな時代の転換が訪れようとしています。

私達人間を創造してくださり、この世界を創って与えて下さった創造主である神様は

この世界を汚す全ての悪なる者たちを滅ぼし、

【神様はある】
と悟り、神様に立ち返り罪を悔い改め神様に愛されようと努力して生きる者たちに順次、祝福を与えて下さっています。

裁かれて苦しむのも、祝福されて生きるのもあなたの選択次第です。

新しい歴史をつくろうとした神様は、その始まりの人間としてアダムとイヴを誕生させ育てていました。しかし彼らはサタンに騙され、「神様にどこまでも近いもの」となる前に「サタン」の支配下に置かれてしまいました。

なのでその子孫である私達、すべての人間には「罪」があります。
私達人間は各々が犯した罪の大小に応じて、神様から裁きを与えられます。

なにも、人間の法律で「罪」とされているものだけが「罪」ではありません。

神様に似せて作られた人間にとって、「神様からのものではないもの」は毒になります。「罪」とは「毒」なのです。
ありとあらゆる欲求、嘘、偽り・・・聖書にはたくさんの「神様から見て罪とされるもの」「人間の精神にとって毒となるもの」が書かれてあります。

その毒を清めなければ、神様の次の計画、次の歴史に進むことは難しくなります。
毒の強い人間を毒が強いまま次の歴史に進ませてしまうと、他の善良な人々に毒が蔓延して世界は元に戻ってしまいます。

だから、罪を裁き、人々の毒を清めてきれいにしなければ次に進めないのです。

神様は人間を愛していらっしゃいます。
人間に苦痛を与えたいとは思っていません。

ですが、衣服についた汚れのように、その汚れが染みついていれば染みついているほど、そのシミを落とそうとすれば衣服の生地も傷みます。
罪が、毒が染み込んでいる人ほど裁きには痛みが伴います。

汚れすぎて落ちないシミのついた衣服は捨てなければなりません。
それがイルミナティであり、人間サタンです。
彼らはそれらのシミ(罪)をかっこいいと思い、誇りに思っている「キチガイ」です。

彼らに影響されてはなりません。

「罪を罪」「汚れを汚れ」と指摘するものがいなければ、彼等悪人を善人だと勘違いし、彼らの影響を受け、正しいことが見えなくなる人が増えるのです。

RAPTさんと私たちの活動を、
ほかの宗教団体や有名人、悪人を悪く言って(蹴落として)自分たちの地位を高め、自分たちの宗教に信者を増やそうとする者たちだ。カルトとどこが違うのだ。
と揶揄する人々がいますが、私たちはそんな思惑で活動しているわけではありません。

正しい人々を攻撃することはありませんし、「正しい教えを説いている宗教」「人々が本当に幸せになれる宗教」が他にあればそれを信じる人を無理に自分たちの道に導こうとはしません。

ですが、断言します。

今現在ある有名な宗教はそのほとんどがその宗教を運営する者たちだけが得をし、信じる人々を虐げ、救わない宗教です。虐げることまではないにしても、信仰する人々に恵みを与えることはありません。

RAPTさんを信じ、活動をする私たちのほとんどは、
【人生を、この世を幸せに生きていく道はなんなのか】
を探し求めて、RAPTさんの教えにたどり着きました。

そして
【RAPTさんが教えて下さる教えが今あるすべての教えの中で一番、真理に近く、幸せに生きられる道】
だと確信して従っています。

「RAPTにあいつらは洗脳されている」という輩たちもいますが、
皆、洗脳とは無縁ですし、妄想に生きる「夢見る夢子ちゃん」でもありません。

ぶっちゃけ
【RAPTさん以上に真理だと思われ、幸福に導かれる教え】がこの世に登場するならば、
あっさりとそちらの道に進む人が多いでしょう。
RAPTさんについて活動している人々は、そのくらい真理と幸福の道を貪欲に探し求めてきた人が多いと思いますし、少なくとも私はそういう人間です。

RAPTさんに出会い、神様の言葉に従い、信仰して生きている

そんな私たちの上には
【創造主】は確実に【存在する】
ということを確信するしかないことが次々と起こっているのです。
そこにはしっかりと恵みがあり、
たとえ思い悩み、問題にぶつかっても解決する道、救いの道が示され、次々と解決していきます。

それこそ、「神様でなければすっきり解決できない無理難題」も、時が来れば、針の穴に糸を通すような奇跡が起き、あっさりと解決したりします。

自分でも気づかなかった願望が叶えられ幸福を得ることもあれば、
自分でも忘れていた過去に捨て去った「夢」を取り戻し、人生に生きがいを取り戻しキラキラ輝く日々を送るものもいます。

この出来事はファンタジーなどではなく、現実なんです。

ですから私たちは、みなさんも救われて欲しい。
一度きりしかない人生、悩み苦しみから解放され、神様に与えて頂いたこの世での生をキラキラ輝かせて生きて欲しい。

神様と愛を成して、この世で神様を喜ばせた分だけ、死後の世界は幸福な天国に住むことが出来ます。

【真実の教えに従えば、この世でもあの世でもその善良な行いに良い報いが与えられます】

その逆もまたしかりですが(^^;)

「こんなRAPT教布教ブログを書いて、信者を獲得していくら貰えるんだ?」

そんなことを思う人もいるかもしれませんが、

私達はRAPTさんからは一円も貰えません(笑)
今のところ唯一である愛媛の教会を守ってくださっているRAPTさんの一番弟子のKAWATAさんにはRAPTさんのお給料(?)からお給料が支払われているそうです(^^)
そしてRAPTさんご自身は有料記事の売上げなどから生計を立てられているそうです。

どこかのカルト宗教のように「無理やり献金を迫られることもありません」し、私達個々人の活動は任意です。(但し、RAPTさんの名を語りRAPTさんや兄弟姉妹の活動や名誉を貶めるような行為は諭されます)

「では、何の得もないのにやっているのか?」という疑問がでますね?

正直な話、得がなかったらやりません(苦笑)

RAPTさんからは、お金や物理的なものを与えられることはないのですが、神様はRAPTさんを通して私たちにたくさんの霊的な恵みや知恵や悟りをくださいます。

神様の為に、神様の喜ばれることを行えば神様が霊的な恵み、肉的な恵みを与えてくださいます。何かの問題や障害によって一時的に生活などが苦しい時がある時がありますが、一過性のものであり、神様の練達や思いに叶うことが出来れば神様はその手を祝福してくださいます。

え?まだ信じられない?うさん臭い?

何事も自分で良く調べて、行動してみなけりゃわかりませんw

目の前に実っている果実は、実際手に取って食べてみなければその味がわかりません。

井戸の中の蛙は、外に出てみなければ外の世界の素晴らしさがわかりません。

リンクを貼っておきます。
まずはRAPT理論とは何か
から調べてみてください(^^)

みなさまに祝福と救いがありますように

--------------------

RAPT YouTube

RAPT ホームページ

KAWATAのブログ

RAPT Instagram

心の奥底で「かたくな」だった私-荒野に留まる民を笑えない-

フデリンドウ(筆竜胆)花言葉・・・「真実の愛」「本当の愛」「正義」「誠実」

今回もRAPT氏を敬愛し神様を愛する信仰生活を続ける中での悟りを書かせていただいてます。工作員お断りよっww(^▽^)ノシ

先日、ツイッターにこんな投稿をしました。

前々からお話ししていた「自分のあずかり知らぬところや夢の中で悪さを仕掛けてきていたサタン」との長い戦い・・・・・・1カ月が過ぎた頃、突然私の中で「やっと終わった(^^A;)」という感情があり、頭の中がやたら軽すっきりしました。

毎晩明け方の祈りの時間、自分を清めてくださいと祈りだすと始まる「首から上だけ自由勝手に動き回る龍(サタン)ダンス」。自分の意志で動いてるわけではないし祈れもするんだけれど、祈り終わると首が痛い(^^;)。
いつ離れてくれるのか先が見えず半分あきらめていたけれど、

それが終わったのである。

ああ、やはり神様は働きかけてくださってるんだ(;▽;)。どれだけ躓いてもがいていても神様にしがみつこうと頑張っていれば神様は「エリコの壁」のように「カベ」を崩してくださる。同じような悩みを持つ兄弟姉妹がいるかもしれない。このことを伝えたい。

と、思いつつもその前に「聖霊に満たされなくては」と励んでいた数日・・・

また明け方の祈りがしにくくなった。

というよりかは

「完全にシャットアウトされた状態」に陥った。

昼間に祈ることも増えた、というか昼間の祈りは入っている感覚がある。しかし明け方の祈りが全く聞かれていない感覚。

なんで?どうして?まだ気づいてないサタンとそれが握っている罪がある!?

いくら祈っても見つからない。というか、祈りが入らないので光が差し込まず闇の中では見つけることもできない(>△<)

昼間はいくらか入るので昼間祈りながら今日の明け方はつながるか、明日の明け方はつながるか、と模索しながらも日々はただ過ぎる。

こんなんじゃ、人を救う(伝道する)どころか、自分がはじかれる(><)自分がはじかれれば世話もロクにせず捨てていた家族の立場は!?私の今まで伝道した人々(いないかもしれないが)は!?

普段は不安にも焦りにも飲み込まれず平穏に暮らしてはいるのだけれど、明け方繋がれない分時間は過ぎ、その間は焦りと不安がよぎる。

明け方が祈れないまま4日が過ぎた、ある日。

そこにRAPT氏の御言葉がおりてくる。

2020年3月10日(火)
神様に意識を向けた人の霊魂は、神様のところに行って、神様の霊から影響を受け、世の人に意識を向けた人の霊魂は、世の人のところに行って、世の人の霊から影響を受ける。だから、世の人に意識を向けるのではなく、絶えず神様に意識を向けて生活しなさい。

一筋の光明が差してきた。

【確かに私は「人に意識」を向けていた】
自分に近しい人、親しい人、早く自分が成長して彼女や彼らを伝道できる実力を身に着けたい、そして彼ら彼女らを救いたい。
それは夫であり友人であり子供であり・・・
肉的に私以上のものを色々と持っている夫、私よりも頭がよく処世術にも長け仕事も充実し、さらに自分が好きな趣味の世界でも一目置かれている夫・・・彼を超えることが出来なければ、彼を伝道することはできない。

伝道しようと話をそちらにもっていこうともするのだけれど、その度に失敗。さらに「ああ、この人を信仰の世界に導くのは無理だな」と再確認させられる。

お互いに進みたい物事に向かって進み、お互いにその道に口を挟むこともなく、そのことについては互いに不干渉で迫害されることもない。

でもいつかは捨てることになるだろう。毎日そういう覚悟を決めていたつもりだった。

私は信仰の道を進みたい。そのために結婚生活を続けることが困難な状況になったならば、離婚も考えている。そんな話を夫にした、お互いにその時が来たら別々の道を行こうという結論になったが、それまでは一緒にいることになった。

夫とも子供ともいつか離れる時がくるかもしれない。そう心に刻みつつ
「でも、まずは目の前にいるこの人を越えなくては・・・・・・」

やはり人に意識を向けている自分がいた。

「人を見ている限り、人は超えられない。」
「神様を見なければ、神様に近づけない。」

握っていた罪が一つ見えた。

それ以降の御言葉が次々と私に刺さる。

2020年3月12日(木)
今年一年、主は私たちの心の中に隠された罪をすべて炙り出される。罪を悔い改めなければ、全ての恵みを失い、救いを失って、アダムとエバのような不幸な運命を辿ることになるからだ。

2020年3月13日(金)
人間の肉体も自分が近く接した人から強い影響を受けるが、人間の霊魂はもっと自分が近くした人の霊魂から強い影響を受ける。だから、私たちはこの世の誰よりも神様と近く接して、神様から強い影響を受けて生きていかなければならない。(人間の霊は無限に成長できるのに、その成長が止まったら、激しい苦痛と絶望を感じるしかない。)

2020年3月14日(土)
主を信じるまでは誰もが無価値な人生を生きていたが、主を信じて主と一体になるなら、一人一人がその存在価値を発揮し、主のために大きな働きができるようになる。(世の中は絶望的な状況だが、霊界はとても良い方向へと向かっている。だから、一人一人がさらに熱心に御言葉に従って、主の体となって御心を成していきなさい。)

無価値な自分を選んでくださった神様。

【「神様が自分を選んでくださった」と思うことは傲慢ではない。事実を受け入れ、責任感を持つことが大事】

現在の目の前の壁、その下にある底なし沼に橋が架かった言葉だった。そしてそこに階段が積み重ねられていった。

それでもまだ明け方の祈りは1~2時間入る程度でそのあとは苦しかった。

朝会の御言葉はすべて聞いていたが、有料記事もやっとすべて読み終わった。聖書をもう一度読んでみようとしたが、すらすら読めはするけれど何か違う・・・というわけで、初心に帰って朝会の御言葉を最初から聞きはじめた。

そんな中起きたのが息子との一件である。それがツイッターに書かせていただいた出来事だった。

昨日なぜかあの一件を書きたくなり、書いた。

そのツイートを書いてから一気に悟りが押し寄せた。

私は今までたくさんの「神様の起こしてくださったさまざまな不思議なしるし」をこのブログに紹介してきた。そして今回も聖書の御言葉を知るはずのない3歳の息子を通して「イエス様の聖句」に通じる言葉を与えてくださった。

これだけ多くの不思議な奇跡やしるしが私に起きている。

そして、『この時代で一番の神様が存在することのしるし』から私は神様の御言葉を毎日のように頂いている。

私とあまり変わらない年齢の兄弟姉妹、私よりも年上の兄弟姉妹もたくさん活躍している。

朝会が始まって一年後くらいしてから、KAWATA氏がずっと怒られていたのは何だったか!?

【まだ悟らないのか?】

イエス様の言葉が聞こえた気がした・・・・・・。

「RAPT様と兄弟姉妹の活躍を祈る」時に 自分の心の底祈りの底にあった、 私は何もできないからせめてみんなの為に祈ろう。

私はもうおばちゃんで年寄りだからなかなか成長ができない

私は小さい、私は何も持ってない、私は罪深い、私は足りない・・・etc.」

【まだ悟らないのか?】

「なんと頑なな民よ・・・私はいつまであなたたちに我慢しなくてはならないのか・・・・・・」

私は荒野の民だった・・・

モーセとアロンが神様の力をいただいて起こした数々の奇跡、神様がモーセとアロンの身体を使って起こした偉大な御業の数々・・・

義と認められるのは、年齢でも才能でもない。

【神様を愛して生きればあなたは救われる】と説きながら【私自身の神様への愛はそんなものだった】のだ。

工作員に「ヒマを持て余した主婦の気まぐれ、遊びレベル」と言われるのも道理・・・

神様の与えてくださった数々の愛を見ながら、それでも私は尻込みしていた。

心の奥底では「こんな自分が・・・」という気持ちが残っていた。
謙虚?いや違う。
「こんな私みたいな取るに足らない者が、少しでもお役に立ててるでしょうか」こう、書けばここに「傲慢」ゆがんだプライドがあるのがわかるだろうか?音声ならすぐわかっていただけると思うけれど文章だと難しい。

【愚かな者たち、外側を造られたれた神は、内側も御造りになったではないか。ただ器の中にある物を人に施せ。】

心の奥底の罪を握りこんでいた私、それはファリサイ派のパン種でありヘロデのパン種だった。

ほんとに初期の方の朝会御言葉でRAPT氏が言っていた、「カルトに入っていた人はすぐに落ち込む(^^;)」カルト信仰はしていなかったけれど似たようなものだ。

何度も神様は愛を表してくださっていたのに、何度も忘れている。それがサタンに奪われるということなのかもしれない。

すぐ記憶喪失になり、愛の記憶を忘れてしまう花嫁・・・

【すべてを捨ててオレについてこい!すべての責任はオレがとる。損はさせない】

これを一切の大言壮語なく、100%・・・いや1000%実行できる神様にすべてを預けていなかった私。

もう一度最初に戻って、信仰生活をやりなおそう。

すべてを神様にゆだねて・・・

年寄りで何も持たない私も捨てて、一粒のからし種になろう。人間にはできなくても、神様にはできる。

「神様にはできるのだ」

私の考え、経験、何も関係ない。

私という茨の中に落ちた神様の「からし種」、あやうく「自分の経験や考え」という茨で覆って枯らしてしまうところだった。

どうか、神様、私を御心のままにしてください。

その結果が麦となれるか毒麦となるか、「私」にはわからない。もともと「私」では毒麦にしかなれなかったのだ。

神様の御心のままに。

もう神様の愛を忘れないものになれますように・・・・・・ASINI。

罪とサタンと悪霊と・・・その罪から離れ、悪霊とおさらばする唯一の方法

タンジーの花と三つ葉の果実

はじめに・・・・・・
 私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
 尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

幼い頃からさみしい思いをしていた子供たちの「愛が欲しい」という思いを利用し、憑りつき「間違った愛(異性の愛)」に誘おうとする悪魔やその手先の霊たち・・・

本人が意識しようとしまいと、彼女(彼ら)に蠱惑的な匂い(雰囲気)を醸し出させ、罪に落とそうとするもの・・・

それらは神様の存在に気づき、その罪を本人が悔い改めて異性の罪を行わなくなっても離れようとせず・・・・・・

それらは眠っている間に夢に入り込み「性的で淫らな夢」を見せ、「精神的な罪を犯させる」。

昔からよく言われている「下級悪魔」の有名なものに「サキュバス(淫魔、オスはインキュバスとされる)」または「夢魔(ナイトメア)」と言われるものがいます。

庶民の婚前交渉が認められない時代に、望まない妊娠をしてしまった娘たちの言い訳の道具とされていたようですが、その悪魔たちはしっかりと存在していたようです。

憑りついた人々に淫乱な夢を見せ、精神を犯す悪霊たち。残虐で恐ろしい夢を見せ精神を壊す悪霊たち。

精神学者「フロイト」により、「夢占い」というものが流行り、そのような「性的な夢」は「本人の性的欲求が現れたもの」。また、「残虐な夢」は「本人の抑圧された残虐性や殺人などの衝動、ストレスが現れたもの」などと、解釈されました。そしてその衝動を少しづつ解放していくのが良い。というものもいました。そんな夢を見るあなたには本来そういう素質が眠っているのだから、それを受け入れて生きなさいと。

一見耳障りの良い言葉ですが、フロイトを含む彼らサタニストの言う「罪を受け入れて生きる」という話はそのまま「罪を犯すことが人間の性質(さが)であり、罪に対して素直になりその罪を犯して生きなさい」と、いう志向にほかならず、彼らは罪を勧めます。

そんな一見甘い言葉に絶対乗ってはいけません。

彼らの言うことに乗ってしまえば、あなたの死後、霊となって行きつく先は「インキュバスと呼ばれる淫乱で好色な霊達の仲間」か、人々に残虐で恐ろしい夢を見せて苦しめて楽しむ「夢魔(ナイトメア)と呼ばれる下級悪霊たちの仲間」です。

罪を愛し罪を犯して生き、罪を悔い改めもせず生き、死んでいく人々がいる限りこれらの「悪霊(サタン)」は尽きることがありません。

そしてそんな悪霊(サタン)たちの欲望には際限がありません。どれだけその罪を犯しても満たされないのです。同じ欲望をもつ霊達を集めながら力を増し、もっともっとその罪を犯すように仕向けるのです。

「餓鬼」と呼ばれるものがよい例です。彼らはいくら食べ物をもらおうが、その食欲は尽きることがありません。餓鬼に与えられた食べ物はそれらの欲望を満たすことはないのです。

よく芸能人、特に性について解放的なお国柄で暮らすハリウッドスターが「自分はセックス依存症だ」と告白することがあります。こうした罪の依存に導くものが、悪霊(サタン)たちなのです。

こういう「悪霊」たちが作り話ではなく、サタンとして確実に存在し、多かれ少なかれ人々に悪影響を与えている。

「悪魔(サタン)」というと「ルシファー」などの有名どころを思い浮かべそうなものだけれど、私達一般庶民、いわゆる普通の人にはむしろそれらの手下も手下、下級の悪霊ほど気づかれないように貼り付き、人々に「罪の味」の中毒にさせる身近なもの。

罪がわかり悔い改めたつもりになっていても、それらの低級サタンたちは虎視眈々とあなたが罪を犯すように罠を張り巡らせている・・・。無意識にくっつく悪霊を完全に取り払わなければならない。そのことを悟った時の記事がちょうど一月ほど前に書いた「無意識の罪(異性の罪)」でした。

これは異性の罪だけではなく、この世にあふれるありとあらゆる欲望、罪すべてに言えます。

それらの悪霊の存在に気づき、きれいにしていくためには真実の神様の光が絶対に必要です。

神様の光がなくてもそれらの悪霊に気づき、対処することはできますが、それは一時的なもの。

この世にあふれるスピリチュアルや霊媒、悪霊(悪魔)祓いなどは茶番です。それらの偽物が頼っている霊はあなたに憑りついているものよりも強い悪霊だからです。

例えるなら・・・

白い服に泥汚れが付いたとしましょう。この泥汚れをあなたに憑りついた悪霊だとします。この泥汚れが目立たないよう(働かないよう)にするのに彼らはその白い服を泥汚れよりも濃い色で覆い隠します。泥汚れよりも悪なる例で黒く染めあげるのです(^^;)そうすれば、泥汚れは見えなくなります。

スピやカルトはそのような乱暴なことをしているのです。

もう一つ例えるならば、あなたが愛してやまない(なかなか抜け出せない)「罪」があったとします。これを建物だとしましょう。

あなたがこの罪を犯せば犯すほど、建物は大きくなり果ては高層ビルのようになることでしょう。それは光を遮り、罪(ビル)の後ろに大きな日陰(闇)が出来上がります。この闇があなたに憑りつく悪霊(サタン)たちです。

世の中の紛い物の宗教やスピ、霊媒などの頼るのは結局「光の天使や神を装ったサタン(ルシファー)」です。どんなに名前が違っても、信仰の作法が違っても元をただせばルシファーという偽物の光にたどり着きます。

偽物の太陽でビルを照ら(?)せば、影はできません。暗黒で覆ってしまえば影は混ざり合い見えなくなるのです。

もちろん、混ざり合って見えなくなっているだけなので、それは存在し続けます。

なら、太陽信仰をすれば消えるのか? という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが太陽は神様の被造物にすぎません。私たち人間には神様の最低限の愛を与えてくれる恵み深いものですが、信仰するものではないです。私たちが信仰すべきものは神様であって、神様が創り出してくださったとはいえその被造物(人間も人間が創り出したものこの世のすべても含む)を拝むのはおかしなことです。

あなたに手作りのぬいぐるみをプレゼントした人がいます。そのぬいぐるみはあくまで作り手の愛を表した「物」です。感謝すべきは作ってくれた人であり、そのぬいぐるみに感謝するのはおかしいですよね?太陽信仰はそういうことです。「太陽の神」を名乗る者たちも悪魔ですし、悪を消すことはありません。

太陽でビルを照らせばそれはさらに濃い影となって目立つだけで、罪のビルも壊せません。ああ、これをやっている人たちもいますね。

その人から罪(悪霊)を表面化させては封印し、また呼び出して表面化させては封印する・・・崇教真光などはこの手法だそうです。もちろん霊は払われるどころか憑りつかれた人の意識をだんだん乗っ取り酷くなっていくそうです。私の旦那の兄がその被害にあったようです。最後はもう暴れだし手が付けられなくなったとか・・・今でも時々その霊は浮かび上がり家族は「腫れ物」を扱うように彼を扱っているようです。社会に出ることは難しくもう60近いというのに働きもせず親に頼って生きています。

話が少しずれました。話を戻しましょう。

あなたが罪で建てたビルそのビルの陰に潜む闇なる悪霊(サタン)を打ち消すには本物の光が必要です。完全な愛と光の存在である真実の神様、この世のすべてを創ってくださり、それに命を与えることも、滅ぼすこともできる唯一の神様の知恵と力と光が必要なのです。

その方法は現代における「真実の神様の言葉の代弁者」である、「RAPT」氏が朝会の御言葉(有料)と有料記事によって事細かに話してくださっています。
罪を無くし真実の神様を愛して生きることがどれだけ幸せなことか、真実の神様の愛がどれだけ人間を満たしてくださるのかも余すことなく語ってくださっています。この記事の下部―――――で区切ったところにリンクを貼っておきます。

真実の神様の光は聖書で「この世に隠されたものであらわにならないものはない」という聖句がある通り、この世のすべての隠されたものをあらわにします。そして、善と悪を割(さ)き、悪なるもの罪なるものを滅ぼしてくださいます。

あなたの作り上げた罪のビルを打ち壊し、影に潜む闇(サタンと罪)をあらわにし滅ぼしてくださいます。

その後、罪のビルが建ててあった土地を美しい花畑にするのもよし、恵み深い果樹園にするのよし、それはあなたと神様との愛によって作られます。
神様と作り上げたそれらのものは、収穫の時になれば、精神的な恵み(霊の恵み)だけでなく、現実の恵み(肉の恵み)となってあなたに降り注ぎます。

まず神様の御言葉にそって、罪から離れてみてください。

それはあなたにとって痛みと苦しみを伴うものかもしれませんが、大丈夫。心配は無用です。神様を愛して行うなら神様がどこまでも共にしてくださいます。神様は本当の愛を求め神様の愛を求め始めたあなたの隣に力強く寄り添ってくださいます。

旅行好きな人は経験したことがあると思います。

一度住み慣れたところから離れて別の場所に行くと、なぜか自分の住んでいる場所がどういうところなのか見えてきます。

そのように罪にまみれた自分の日常から離れてみると、自分の罪が見えるようになってきます。あなたの罪が見えるようにあらわになるように神様があなたの心と霊と考えを掃除してくださいます。

あとは神様とともに、その罪を照らし消し去っていくだけです。

抽象的に書いていますが、具体的な方法はRAPT氏のホームページにてご覧ください。

貴方を苦しめているのが罪とサタンともう一つ。

それはです。

ピンと来ないかもしれませんが、これは真実です。

世の中は嘘にまみれています。その嘘はあなたの考えを疲れさせ、あなたの霊を汚します。「世の中の嘘」という汚れも取り去っていけばあなたを精神と霊を疲弊させているものが取り除かれていきます。

嘘をつくと心が苦しくなりますよね?成長して嘘をつきなれてくるとその苦しみは感じないかもしれません。が最初は苦しみや不安があったはずです。それは「あなたの霊が苦しんでいる」のです。

神様は人間と愛をなすために私たちを創りました。

なので「人間は神様の愛を求めるもの」として創られているんです。

神様は真実で清い方ですから「嘘、偽り、罪」とは相容れません。神様にとってそれは毒であり、悪臭を放つ汚物なのです。

なので「本来、神様と愛をなすために創られた人間」も、罪を嫌い嘘を嫌うようにできているんです。それらも人間にとって毒となるもの。

その毒は「あなたの霊」を汚し苦しめます。その霊の苦しみはやがて肉体にも伝わります。

「病は気から」という言葉がありますが、これは言い得て妙な部分です。
原因不明の不定愁訴などは往々にして霊の病からくるものです。

逆に「真実」は霊にとって欠かせない栄養となります。なのでこの世の真実を知ることは霊を解毒し、健康にしていくことができます。

RAPT氏のホームページではこの「霊のデトックス」も行うことができます。

ちょっと表現がうさん臭くなってしまいましたね(^^;)

ようするに私たちに世の中の嘘、何が嘘なのかを教えてくれて、真実を教えてくれるんです。

こちらは無料で誰でも読み、聞くことができます。

どうぞこの世の中の嘘と真実を知り洗脳から目覚めてください。

たったそれだけでも、あなたの身体と心に力が湧いてくるはずです。

RAPT TALK RADIO(初期のトークラジオには工作員が紛れこんでいたり、現在の理論と違う部分があったりします。ですが、RAPT氏が回を追うごとにこの世の真相に近づき、真実を突き止めていくのをお楽しみください。)

→RAPT Blog By RAPT(トークラジオの解説記事、理論の根拠や証拠となる記事を紹介したものが多いです。)

KAWATAとNANAのRAPT理論(こちらが最新のRAPT理論です。画像も加わりとても分かりやすくなっています。)

----------------------------

このブログに辿りついてくださった方は神様に導かれた方だと思われます。なのでぜひ、神様のお話を聞いていただきたいと思います。

もともとRAPT氏は、その記事をすべての人に無料で読んでもらって、すべての人々が救われてほしいと無料読めるようにされていたのですが・・・

真実の神様の知恵と御言葉は、心から「悩みを解決したい」「救いを得たい」「本当に自分を満たしてくれるものを求めたい」と思っている方にとっては「蜜のように甘く」どこまでも価値のあるものなのですが、

この世の堕落に犯され、罪を愛し、罪を罪と認めず罪の快楽に溺れて生きたい人間にとっては「どこまでも苦く、憎むべきもの」となります。

なので、その記事を無料にしてだれでも読めるようにしてしまうと、これら罪や悪を愛し救いを必要とせず、さらには人を自分の仲間にさせておきたい者たちが妨害し、どこまでも悪辣で下品ないわれのない誹謗中傷記事などを書き出し、「善いものを求める人々の害」になってしまいます。

なのでそのようなものたちを出来るだけ排除するために有料にさせていただいています。

「1記事いくら」ではなく「1カ月分」ずつ購入することができますので、ぜひひと月分たっぷりと記事を読んで「蜜」か「毒」かを判断していただきたいと思います。

02 12月 RAPT有料記事425(2019年12月2日)どんなにこの世で成功したとしても、サタンに勝利できなければ必ず衰退の時を迎える。サタンに勝利できるように自分を鍛錬してこそ、永遠の成功を手にすることができる。

○こちらの記事もどうぞ 
RAPT有料記事9(2015年9月14日)神様が裁きを行うとき。
RAPT有料記事28(2015年12月17日 )霊の救いと肉の救い。
RAPT有料記事36(2016年1月25日 )自称メシア、偽キリストに注意しなさい。
RAPT有料記事45(2016年2月27日) 雑念と悪魔を追い払う方法。
RAPT有料記事72 (2016年5月30日)神様はご自分を愛する者を練達してお使いになる。
RAPT有料記事77(2016年6月18日)涙をもって種を撒き、自分の夢・神様の夢を成すべき時だ。
RAPT有料記事82(2016年7月4日)神様の極度の愛、極度の裁き。

有料ですが、どれも導入部分は読めるようになっています。記事なる記事をクリックしてくださり、その月の分を購入して読んでみてください。

今朝悟った小さなこと

DSC_3831

※今回の記事はRAPT氏を支える兄弟姉妹向けの記事です。

こんにちは、ASINIです。

今日は手短に兄弟姉妹向けにお話しします。もし同じような悩みを抱かれて信仰生活をしている兄弟姉妹の悩みが少しでも晴れるきっかけになれば幸いです。

前回の記事の続きを書こうとしてはいるのですが、どうにも憑りついて邪魔をしてくるサタンがしつこくて今朝もずっともがいておりました。

悪なるものの滅びを祈っても、RAPT氏の為に祈っても、兄弟姉妹のために祈っても・・・・・・何を祈っても今日は全然つながる気配がない(;△;)

一体何が原因かわからない。以前書いた記事のサタンはだいぶ掃除された感じだったのに、まだ何かが引っかかっている。

なのに明け方の祈りの時間以外はある程度祈りが入る。

決まって明け方の祈りの時間に妨害が入る。

毎日ではなく何日か置きとか、2日連続とか、不定期で祈りにくくなる。

それでずっと文字通りもがき苦しんでいました。

今日、明け方の祈りの時間が終わって思い出した。

RAPT氏がいつかの朝会の御言葉でちらっとおっしゃっていたこと。

どうにも祈りが入らなくて原因を探っていたら昔通っていた教会の神父のことを思い出した。のでそのことについて祈ったら祈りが入るようになった。
(細かい部分違ってますが大筋こんなことをおっしゃっていたことがあります。)

どうやらその人の祈りが邪魔をしていたらしい。と。

その教会の神父の祈りが正しい神様への正しい祈りでは無かった。明らかに工作員の妨害の祈りだったわけですが・・・・・・

そこでふと気づいた。このわけわからん妨害サタンの正体。

「身内(知り合い)だ」

私はRAPT氏に出会う前スピリチュアルにハマっていて、色々な方面のスピリチュアル系の知人がいました。

その中で一番最後まで親交のあった女性と、

私の友人で霊感と気の強い女性。

前者の女性には「私、本物(RAPT氏)に出会いました。なのでスピやめます。」と宣言し、RAPT氏のブログを勧めてからそれっきり・・・・・・

後者の女性にはこの間電話がかかって来たときに、RAPT氏の話をしました。
思い返せばこの女性に話をした後から妨害がさらに激しく・・・(^^;)

たぶんこの二人・・・

悪気無く私の為に祈ってるな・・・

前者はスピリチュアルが正しいと信じ、自分が祈っている相手がサタンだと受け入れず、又は知らずに私のために祈っている・・・

後者は自分の生き方が正しいと信じ、私が何かおかしなものに巻き込まれていると思い込み、私が戻ってくるようにと霊と念を送ってきている

両社とも私の為に、私が(自分たちの思っている)正しい道に戻ってくるように祈りと念を飛ばしてきている・・・(^^;)

本人たちは私のことを思って善意でやっているのでしょうが・・・

気持ちはありがたいのだけれどその分、質(タチ)が悪い。

その間違った【情】はサタンにまんまと利用され、それに乗ったサタンが私をサタンの奴隷の道に引き戻そうと押し寄せてくる・・・・・・

たまったもんじゃない (T△T)

ヨハネによる福音書 2-17
「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」

という聖書の成句を思い出す。

まさにこのことだと悟る。

試しに祈ってみる。

「神様、自分が祈っている相手がサタンだと知らずに私の為に間違った祈りを捧げている者達の念と祈りから私を切り離してください」

「神様、〇〇(個人名)と△△(個人名)の間違った祈りと念から私を救ってください。そこに乗じてやってくるサタンと悪霊を滅ぼしてください。」

みるみるすっきりしていく(;▽;)

もし同じような悩みがあった方、心当たりのある方はお試しくださいませ。

まごころを・・・貴方に

DSC_4977

はじめに・・・・・・
 私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
 尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

ASINIです。

「自分の中に潜んで悟りと成長を妨害していたサタン」がまだいることには気づいていたけれど、中々その正体をつかめず、そのサタンが握りこんでいる罪も悟ることができなかった私。

RAPT氏の御言葉のお休み期間4日も過ぎると電池切れでひぃひぃする私。 RAPT氏の朝会の御言葉を毎日心待ちにし、 聞いているのにそれで悟れた気分になって、実際はたいして悟れていなかったということのなんと多いことか(=△=;)

RAPT氏に出会うちょっと前まで、人間サタンまみれの職場で寝る間も惜しんで働き、脳の回転も肉体の機能もほぼ停止しかけていた私。さらにそのうえ年齢を重ね頭が固くなり、悟りの遅いこと遅いこと。信仰を始めて一年が過ぎたけれどその成長の遅さは変わらない。多分汚れすぎているのだ(^^;)

色々な「視える」という人に言われていた私の魂の汚れ。「貴方の魂は※前世の呪いで黒いシミができもう戻らない」「貴方の中には真っ黒いものと白いものが混在している」なぜか皆同じようなことを言っていた。「あなたの魂は汚れが取れなくて救われない。」と。
※前世はありません。スピ系の人だったのでこういう話でしたが、前世は嘘です。

同時にこんなことも言われていた。「あなたの後ろには恐ろしく強大な何かが働きかけているのを感じる。それは私達には見えないから何か判別することはできない。」当時の私はわからなくて感じられなかったけれどこの時にはすでに神様のまごころの愛を注いで下さり私を守ってくださっていたのだろうと思う。

RAPT氏は祈り会の神様の御言葉でこのようなことをおっしゃっていた 。

「あなたが救われたのは神様がずっと真心こめてあなたに愛を注いでくださっていたからだ」と。

『私たちが救われたのは、主が真心を込めて私たちを愛してくださったからだ。だから主は、私たちが真心から行ったことだけを見て喜び、受け取ってくださる。(主から愛されて生きる人生は、人間から愛されて生きる飼い犬のような生であり、主から愛されずに生きる人生は、人間から愛されずに生きる野良犬のような生だ。)』2019.11.1 RAPT朝会御言葉 (※有料につきトップURLのみ)

そんな風に本物の神様はこんな私にまごころの愛を注いで下さり、RAPT氏に導いて下さった。救いを求める私の手を取ってくださったのだ。まだまだサタンで工作員の波長かも知れない。でもそのかけていただいた神様の憐れみに応えなくてはいけない。たとえ一日1mmしか上がれなくても・・・・・・。ちょっとずつしかシミが落ちなくても。

どうかあなたも神様の注いでくださっている愛に気づくことができますように。
主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

----------------

今日はそんな私に起きたちょっと不思議な体験のお話。

前々回の記事を書いてしばらくしてから、大体ほぼ毎日決まった時間、明け方の祈りを初めて30分くらいして~AM2:30くらいまで、長くてAM3:30くらいまで意識がぶっ飛ばされる私。

眠たいのかといえばそういう日もあるけれど、完全にバッチリ目が覚め、覚醒しているはずなのに気づくと時間が飛んでいる。

なぜなんだー(><)

今までは、1:00~3:30くらいまでは私の中のゴールデン時間。きちんと起きて一度祈りに入れればそのくらいまではしっかり集中できたのに。去年までとは全く逆の現象にずっと悩まされていました。

そして、明け方の祈りを終えてもう一度眠りに入り、起きたら猛烈な眠気。

ただの眠気じゃなくて、脳みそにべったりとスライムゼリーが貼りついたような、何かに脳みそ押さえつけられてるような、そんな眠気。

「ああ、これはいつものやつ(霊障)だ」

脳みそと同じくスライムのようなものに包まれたような思い身体をぬらっと動かしてその日一日の活動を始める・・・・・・。活動を始めてしまえば少しづつ普段通りに動けるようになる。昨日はたまたま何かに祈りを邪魔されたのかな?もう外れたかな?なんてほっとしたのもつかの間、翌朝の同じ時間にはまた意識が飛んでいる。

全然何も変わってない (T△T)

この繰り返し。サタンの滅びを祈ろうが、全能神の滅びを祈ろうが何を祈っても途中で意識が飛び、意識を取り戻したときには1~2時間が過ぎている。

そんなある日・・・・・・いつものごとく3:30に意識を取り戻した私。そこから祈ろうとするのだけれど、いつもと違ってそこからの祈りにも雑念が入り祈りが頭で文章にならない。言葉が紡げない。

「今日はなんてしつこいんだ(;×;)昼間でも、情報拡散すらろくにできていない私がたった1時間の明け方の祈りもできないなんてRAPT氏にも兄弟姉妹にも申し訳なさすぎる。」

「ああ、今の私には----氏のツイートをしつこくリツイートすることくらいしか出来ないのか・・・----氏、私のふがいなさをお許しください」

という思いがよぎった時、私の脳内にかかった「黒いもや」をオレンジ色の光がさらさらと消していってくれた。

まるで夜明けの光のように。朝焼けのような鮮やかなオレンジ色。

夜明け前のこの一番暗い時代に、皆頑張っているのに私だけへたばっているわけにはいかない。サタンの夜が明けるのはもうすぐなのに、神様の夜明けの時代が来るのはもうすぐなのに、私だけ戦わないわけにはいかないのだ。

イルミナティ(サタン崇拝者)時代が滅ぼすことはすでに決定事項と神様は断言され、彼らが完全に滅ぶのは秒読み段階となっている。時計にセットされているのだ。

時計仕掛け・・・

涙があふれた。その間も私の脳内の黒いもやを温かいオレンジ色の光がどんどんと消滅させてくれている。

これが多分私達兄弟姉妹のために毎日必死で祈ってくださっているRAPT氏の波長なのではないか?こんなにずっと私たちの為にまごころ込めて祈ってくださっていた。そう思えてどこまでも力が湧いてきた。

そのあと私はしばらく「現実の夜が明けて光が差すまで」感動に涙を流しながら祈っていた。

その日から明け方の祈りの時間、1:30くらいからの意識の強制シャットダウンはほぼ無くなった。

あれから私はそのオレンジ色の波長を感じることはなかった。たまたま神様が見かねて一瞬あの温かい愛の波長とつなげてくださったのか、本当のところはわからない。でも私はあの瞬間だけRAPT氏とつながれたのではないかと信じている。私の神様と中心者への愛がさらに深まった出来事だった。

この2~3日後、私はこの感動を残したいと強く感じて、夜明けの色にできるだけ近い色の花を咲かせるつる薔薇の苗を購入した。 いつかあの温かい波長の近くに近づくことができるように願いを込めて。

そして実はその薔薇が私の夢(道)を軌道修正してくれるものだったと気づいたのはもう少し後の話。

つづく。

----------------

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

無意識の罪(異性の罪)

タンジー花言葉:「婦人の美徳」 「あなたと戦いを宣言する」「抵抗」

はじめに・・・・・・
 私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
 尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

さて、また大きめの悟りを得るまでに時間がかかってしまいました。

あれから色々ありましたが、今回は「無意識の罪」についてお話させていただきます。

無意識の罪と一口に言っても色々あります。今回はその中の一つ。

とある人物の話をお話しします。

「その人物、仮にA子さんとしましょう。A子さんは幼いころからとても寂しい思いをしてきました。彼女は本当の父親とほとんど会うことができませんでした。母親は彼女を虐待はしませんでしたが、新しい恋人を次々とつくり、離婚と結婚を繰り返しました。A子さんには血のつながらない父親が次々と現れました。A子さんは何度も名字が変わったそうです。

そんな彼女にさらなる悲劇が訪れました。なんと、母親の恋人であり、義理の父親である男性から「性的虐待」を受けたのです。彼女は苦しみました。母親に打ち明ければ母親は悲しみます。彼女は一人でその虐待に必死で耐えました。幼い時の話ですから家から逃げ出すこともできません。

ある日母親がその虐待をみつけ、その男性とは別れました。そしてまた新しい恋人が現れました。その父親もまた彼女を性的に虐待し始めました。

こんなことが何度も繰り返し起こり、彼女は年齢を重ねるにつれ出来るだけ家に帰ることを避け、二十歳になる前に家を出ました。

彼女は母を憎むようになり、母親と同じことは決してしないと心に誓い、まだ若いうちに結婚しました。事情あってその旦那とは離婚し、彼女は自分の夢を追いかけるようになりました。

時々彼氏もでき、時には不倫も経験しました。結果的に彼女には次々と恋人が絶えることがなく、別れては付き合いの繰り返しです。彼女自身は気づいていませんでしたが、彼女があれだけ憎んだ母親と同じ生き方をしているのでした。」

もう一人、B子さんの話をしましょう。

「彼女も寂しい子でした。父親が仕事の都合で家になかなか帰って来ず、彼女の母親は彼女を虐待しました。ある日、近所に引っ越してきた年上のお兄さんが彼女の友達になってくれました。ある日お兄さんとB子さんはかくれんぼをして遊びました。二人で一緒に物置に隠れました。そこで彼女はちょっとしたイタズラをされたような気がしましたが、あまりにも幼かったのでその意味も分からず、その時の記憶もほとんどないそうです。

B子さんは時々いとこの家に遊びに行きました。寝るときは一番年の近いお姉ちゃんと一緒の布団に入って寝ました。一番年が近いといっても8歳くらいの差がありました。お姉ちゃんは思春期、何を思ったかお姉ちゃんはB子さんに、性的ないたずらをするように求めました。

その後もB子さんは小学校を卒業するまで、近所のお兄ちゃんやおじさんに性的ないたずらをされたり、痴漢にあったり・・・・・・物心ついてから彼女は男性を避け、男の子のようになろうと粗雑に振る舞い、スカートも履かず、おしゃれもせず、できるだけ怖い目、嫌な目に合わないように気を付けていました。なのに彼女は次々と嫌な目にあいました。

大人になり、会社に入ってからは上司に目を付けられ、逃げようもない状況を作られ何度か相手をさせられたりしました。もう、そのころには彼女は自分をあきらめ、「自分はこういうふしだらで汚れた、呪われた人間なのだ」と思い込んで生きるようになりました。

しかも思い返せば、小学校の時の女友達も彼女と遊んでいると「痴漢ごっこ」なるものを考え出し、B子さんを痴漢役にしていました。高校時代の先輩にバイセクシャルだという人がおり、その人に性的に絡まれたこともありました。

彼女の周囲ではなぜかいつも「性的なこと」を連想したり行ったりする人が後を絶ちませんでした。」

とある女性の話、2例をあげましたが、水商売をやっているような男性に話を聞くと似たような話がたくさんありました。

男女限らずそんな過去や経験を持っている女性や男性、その容姿は美しかったり、人並みだったりしますが、共通点がありました。

【色気】があるのです。もちろんそんな被害にあった女性たちや男性たちが意識しているわけではありません。むしろ何らかの形で異性を避けている傾向も見受けられます。

異性に性的な虐待や嫌がらせを受けた経験だけでなく、同性からいじめられた、避けられた経験がある人も何人かはいるようです。

よく、アダルティな作品で「虐待を受けて育った子供には【妙な色気がある】」と語られます。

「無意識にそういう【妙な色気】を発しているようなのです。」

彼女、彼らが望まずとも周囲の人々に【妙な色気】を感じさせ、【妙な考え】を起こさせるもの、その正体・・・・・・

一時世間で、異性を引き付ける「フェロモン」という物質が話題に上がり流行ったころがあります。

人間にもそんなフェロモンがあると、「恋愛もフェロモンが関係する」なんて理論もありましたね。

「フェロモン」とは匂いだといわれます。本当に何かの匂いがするかどうかは微妙なところなんだそうです。

彼女(彼)等は何らかの【匂い】を発しているということでしょうか?

性的な被害を受けてきた男女に共通するものがもう一つありました。

その共通点は「小さなころから非常に寂しい思いをしてきた」ということ。かまってほしい、愛してほしい、自分のことを見てほしい。その思いはもちろん異性に向けられたものではなく、親や兄弟、もしくは自分を庇護してくれ愛してくれるそうな人に対して向けたもの。愛が欲しいという思いが彼らの根底にあります。

そんな【人々の隠された強い感情】が大好物ですぐさま寄って来るモノたちがいます。それは【悪魔や悪霊、雑霊達】です。たいがいは寂しい波長に、同じく寂しい思いをした霊が仲間を求めて寄ってくるのでしょうが、実はその中に「性的に寂しい・性的に満たされたい」という好色な人間だった悪霊も寄ってきます。その悪霊が彼らに憑りつき、彼女らを見るものに「妙な気分」を起こさせ、性的ないたずらをさせて悪霊たちの「欲求」を満たしているのではないか?と思われます。

その悪魔・悪霊が【妙な色気】【妙なフェロモン】を発しているのではないかと。

25年以上聖書を研究し、神様の愛、神様との愛をどこまでも突き詰めた人物。サタンと人間サタンを研究し【サタンの専門家】【人の罪についての専門家】と言っても過言ではない人物がこの日本にいます。その人物、RAPT氏は祈り会でこうおっしゃっています。

【罪にサタンが寄り付き、その罪(サタン)には匂いがある】

と。

その匂いは時には糞尿、糞便のような悪臭であり、神様や天使、清い霊にはとても我慢のできない悪臭だと。

その罪の種類によって悪臭の種類も違うそうです。

ちなみにB子さんは霊を見ることはできないけれど、若い頃に「霊の声」のようなものを聴いたことがあったり、何日も自分にまとわりついてくる生ゴム(生ごみじゃないよ)のような匂いを感じたり、トイレでもなんでもないところで尿のようなアンモニア臭を感じたりしたことがあったそう。静電気の匂いもわかるそうです。

そんなB子さん、時々自分に「猫の匂い」を感じるのだとか。自分の体臭だと思っていたそうですが、猫を不潔に飼っている家の猫の匂い、発情期の猫の匂い、「ムスク(ジャコウシカの分泌物)」のような匂いが体から時々すると。気になって友人に嗅いでもらってもその友人は全くわからなかったそうです。自分は気になるのだけれど、人に指摘されたこともなく、話しても誰もわからなかったと彼女は言っていました。

そこで思い出しました。

RAPTさんが以前朝会にてとある人に言っていた「加齢臭のような酸っぱいような匂い」まさにこのことではないかと、その女性、まぁまぁの高齢であるにも関わらず、男性に言い寄られたというような話をよくする。そこそこの高齢なのにそんなに男性が寄ってくるのはおかしいのではないか?と訝しがられていました。(その後、この女性は罪を犯し教会を去ることとなるのですが、その話は今は割愛いたします。)

まさにその匂いが彼女等の【妙なフェロモン、妙な色気の正体】だと確信しました。彼女たちにかけられたある種呪いのようなもの。彼女たちの【幼い頃抱いていた強烈な寂しいという感情】というエサに寄り付き、憑りついた悪霊、とサタンたち。それが彼女たちを性的な難に合わせる正体だったのだと。

もちろん皆意識して異性を引き付けようとしていませんし、逆に落ち着きたい、異性からは離れたいと思っている人たちです。ですが、彼(彼女)等が意図していなくても【人に淫らな思いを抱かせてしまう】【人を誘惑してしまう】のは神様から見ると【罪】です。

神様の世界では【無意識の罪】でも持ったままでいれば、間違いを起こす大変な問題になってしまいます。

神様は【異性の罪】をことさらに嫌われます。

この罪は非常に重い罪です。神様を知る前の人々の罪は神様はある程度考慮してくださいますが、神様をしってから犯してしまえばはほぼ一発KOの罪です。

意図的に行う者はそれを改めればよいことですが、無意識に人に欲望を抱かせる人間ならたちが悪い。そんな人物が一人でも神様を信仰する兄弟姉妹に交じっていれば、悪くすれば何人もの人に「心での異性の罪を犯させ」まかり間違えば「実際に異性の罪に落としてしまう」ことができるから。

実を言えばこのような人たちは完全に無意識でもありません。

こういう人々は「貪欲に愛を求める体質、性質」が根強く残っています「非常に惚れっぽい」のです。「惚れ」まではしなくても妙に人懐っこく、気に入った人安心できると思った人に無邪気に懐いてしまいます。 これも直さなくてはなりません。

サタンから見ればこういう人物は、神様に一矢報いるために非常に都合の良い物件。だからしつこくその人に憑りつきなかなかはがれません。

さらに霊的サタンだけではなく、現代社会を統治するものたちも人々を神様から遠ざけ救いから遠ざけようとします。惚れっぽい性質をもった人々を【恋愛体質】などと聞こえの良い言葉でオブラートにくるんで「罪ではない」と思わせようとします。

肉欲は、その一瞬のためにかなりのエネルギーを使います。果てにはその快楽に溺れ、考える力を無くし、すべてにおいて怠惰になります。

人間が、物事を考えることなく、ただSEXして、食べて、寝て、動物のように生きることはサタンとサタンを拝み、人々を奴隷にしたい支配者層の思うツボです。生きている間はそれで良いと思う人もいるかもしれませんが、死んだ後、肉体を失った後には、そのはかない慰み、その快楽は失われます。
その先にあるのは悪魔の奴隷です。悪魔に地獄に連れていかれ永遠に悪魔の慰み者、奴隷として痛めつけられ続けます。死んだ後ですから、死んで逃げるわけにもいかず、永遠に苦しめられつづけなくてはなりません。

聖書では地獄は「糞尿と炎のつきない場所」とあります。そこで永遠に暮らさなければならないのです。この世の人々を奴隷とし苦しめてきた悪人たちにはお似合いのところですが、それほど悪を行っておらず、この世でも苦しんできた人々がその地獄に落ちてしまうのはあまりにも不憫です。

ですから、そんな人々を憐れんで神様はおっしゃいます。「神様を愛し罪を悔い改めなさい」と。

罪は霊の荷物です。罪を犯せば犯すほどあなたの霊は荷物を抱えます。その重みは地獄に落ちるほど・・・・・・。その荷物の重さに応じて地獄に階層がありその苦しみにも段階があります。

反対に、罪を悔い改め荷物を軽くすれば軽くするほど、神様に愛されれば愛されるほど、霊は軽くなり、神様の近くに引っ張り上げていただけます。
地獄に階層があるのは有名ですが、RAPT氏いわく実は天国にも階層があるそうです。
なのであなたが努力したことは無駄になることなく、あなたが地上で獲得した「神様の〇まる」の分だけ良い天国に行くことができます。

話を戻しましょう。

【異性の罪を犯してはいけない】

ならばどうやって結婚をし、子孫を増やしていけばいいのか?疑問がわくことでしょう?

神様を信仰する人は結婚できないのか?と。

神様は、神様を愛し信仰するものの中で結婚を望むものには、【結婚の祝福】をくださいます。神様が祝福としてくださる結婚ですからその結婚生活はどこまでも幸福なものとなるでしょう。

3年間神様と信仰を深め、【神様が結婚してもいいよ】と許してくれた人は結婚することができます。同じく神様を愛する人と結婚できます。

子供を産み育て家庭を作るための結婚ですから、そこに快楽目的の「性の不一致」は当然必要なく、同じ価値観(信仰)をもつ男女ですから価値観の不一致もよっぽどありません。

なので安心して神様の道を歩んでほしいと思います。

これらの神様への道、救いの道はRAPT氏を通して神様が御言葉として語ってくださっています。RAPT氏の有料記事と朝の祈り会にてその御言葉を聞くことができます。

どうか、皆様が真実の神様を探し求めて、神様とともにサタンに勝利し、奴隷生活から抜け出すことが出来ますように。
それが私の願いです。ASINI。

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

取り越し苦労は苦労のもと。中身のないポジティブシンキングは単なる楽観主義。「考えるな、感じろ」はもっと危険-考えの方向を間違えば落とし穴に落ちる。-2

オオハンゴンソウ花言葉「あなたを見つめる」「強い精神力」

はじめに・・・・・・
 私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話を
しています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
 尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

こんばんは、ASINIです。

前回は「取り越し苦労」「思い出し苦労」について書かせて頂きました。

今日は「ポジティブシンキング」についてお話させていただきたいと思います。

まず初めに「ポジティブシンキング」とは・・・・・・(Wikipediaより抜粋)
積極思考、何でも前向きに物事を考えればそれは実現し、人生は上手くいく、という考え方、物事の良い面を見ようと努め、ポジティブな姿勢を保ち、「思考そのもの」を変えることで現実を変えることを目指す思考法である。

だそうです。わざわざ説明することもないくらい、世の中でよく言われた言葉ですね。特に「スピリチュアル」や「自己啓発」などで意識するように言われ、普通に皆さんが使われる言葉です。

私のブログをずっと読んでくださっている方なら、「スピ」「自己啓発」と書くとすぐに「ああ、サタン的思考から来たすり替え毒言葉か」とピンと来てくださることでしょう(^^)。ピンときてくださった方はもうこの記事を読まなくて大丈夫です。というくらいですw

「何でも前向きに物事を考えると良くなる」はサタンの作り出した嘘っぱち、ウソ八百ですww

一体この考え、教えをどこから持ってきたか・・・・・・

【聖書】です。

「サタンは【聖書】の言葉を巧みに作り変えて教えを曲げ、人々を地獄に叩き落します。」

新約聖書を読むと、【神様を愛する人には全てが善となる】という話がそこかしこに書かれています。神様を愛すること、イエス様を信じることによって起きる世の人々からの迫害や苦しみ、そのようなものをも神様は全て益に変えてくださる。と、そのような話がたくさんあります。

ですので、イエス様を信じる人々、神様を愛する人々は表面だけみると「非常にポジティブシンキング」です。自分が迫害されて殺される間際にも神様に感謝し、喜んでいる場面などがあります。

これは「RAPTさんとともに真実の神様を愛し、真実の神様の御言葉に従おうとして努力して生活している人間」からすると、これらのことは真実であったと思われます。

実際に神様はサタンや人間サタン、この世を支配する悪なる者達の行動を使って、神様の思惑通りに動かされることがあります。一見悪いことが起きたように見えても、それが「神様からの練達や試み」だったりするのです。

だから、表面上は嫌なことでも、後になって考えると「有益だったこと」「必要だった経験」ということが多々あります。そして、その嫌なことを乗り越えた「神を愛するもの」にはちゃんと神様がその労苦に報い「祝福」を与えてくださいます。その労苦の度合いによっては、「祝福が倍になって返してくださる」ことも・・・・・・。

ですから、神様のために伝道し迫害を受け、殺される間際の使徒達が喜んでいるのも、その大いなる苦難を乗り越えた後に「大いなる祝福(永遠の天国に入れる)」があることを確信していたからこそ喜んでいたわけです。

別に自分を痛めつけられて喜んでいる「マゾヒスト」などではありません。

しかし、これらは聖書の中のことだけではなく、「真実の神様を愛し、神様のために生きる努力を日々重ねている人々には、実際に良くあること」です。

ですからRAPTさんを通して語られる神様の御言葉に従って活動する、多くの先輩諸氏、後輩諸氏、兄弟姉妹にはその経験がたくさんあります。私のような若輩者もそんな経験を幾つかしております。

だから、ネトウヨやネトサヨ、その他「自分の無宗教、無神論を信じてやまない自営無宗教家(ようするに、神様よりも俺様という人々)」の嫌がらせにも耐えられるし、恐れもないわけです。

私たちが神様のために活動する限り「神様の後ろ盾」があるのですから。どんなことも私たちには「益」となるんです。

【「全ての悪いこと」=「全ての益」】

に変えてくださるのは真実の神様だけですし、真実の神様に従って行動するものに対してだけ与えられます。【神様を愛して生きることが大前提】なんです。

なので、「真に神様を愛するもの」には中身があり、実益があるわけですね。心から「悪いこと」が「良いこと」としてとらえられるわけです。

さて、そのことをサタンは巧みにすり替え作り変えました。「物事をすべてよい方向にとらえれば、悪いことも良いことに変えられる」と。そんな魔法のようなことは起こりません。

まぁ最近「ポジティブシンキング」を言い出す人々もあまりいないので皆さんそのことは嫌というほど痛感されているのだと思います^^。

なんの根拠もなくただ、「こんな嫌なことがあったんだから、いいことが必ず訪れる」と妄信的に考える方は絶滅されたはずです。

私が神様を知る前は必死になって悪いことをよい方向に考えようとしていた時期もありました。

ですが、その労力むなしく、悪いことの後にはさらに悪いことが起こり、良いことが起こったかな?と思えばそれは徒労に終わり、やっと報われる時代が来たと思い始めた頃には良い運気は終わってた・・・・・・。ふり幅でいうと最「低気温マイナス5℃、最高気温1度」
アレ?最近暖かいなと思ったら翌日から大寒波(ーー;)
そんな人生グラフでしたww

そもそも、何の根拠もないのに「悪い出来事」を良い方向からみようとすること自体「相当のエネルギーが必要」ですし、そのエネルギー消費は大体無駄となります。

やってみたことない方は一度短期間やってみてください。もの凄く精神力を消耗することを実感できると思います。

【サタンのウソを信じて行動すると身も心もボロボロになるんです。】

さて、この精神力というもの、現実では見ることはできませんが、実際にはしっかりと存在します。目には見えませんがHP・MPは存在するんですw
HPは体力として、MPは霊力としてお考え下さいwwゲームをしない方にはさっぱり?の表現でしたね(^^;)失礼しました。

人間には「肉体」と「霊体」が存在します。このことは「非科学的なものはすべて信じない」という持論をお持ちの人でない限り、何となく察しておられることと思われます。

「肉体」の消耗は目で見て分かりますよね。怪我をしたり病気をしたり年齢を重ねて衰えたり・・・・・・。

「霊体」の消耗は目で見ても分かりません。「霊体」は肉体と違って「寿命」がありません。でも、消耗します。というか、汚れて弱々しくなっていきます。その汚れの原因は神様曰く「ウソを信じること」「悪を行うこと(罪を犯すこと)」などなど。

よく巷のポップスなどで「僕たちは白い翼を持って生まれた」というような内容の表現がありますが、あれは「言い得て妙」です。
神様につくられて産まれたばかりの人間は、例えれば「美しい霊体(天使のような翼)」を持って産まれてきているような状態です。もっと真理に近い表現をするならば「輝く卵」を抱いて産まれて来た状態なんだそうです。

「輝く卵(霊体)」に肉体をつけてこの世に出てきたのが人間。

肉体がある間に良い行い(神様に近づく行い)をすれば霊の卵は天に仕える者となり天国に行き、神様と永遠に愛をなして幸せに生きることができます。

逆に肉体がある間に怠け、悪いことを重ねていけば霊の卵はサタンに使える者となり地獄に行き、永遠にサタンの奴隷としてこき使われ虐待される日々を送ることとなるそうです。

この内容はRAPTさんの語られる神様の御言葉で伝えられています。ただし、分かりやすいようにちょっと表現を変えております。もっと詳しく正しく知りたい方は、RAPTさんの朝会の御言葉よりお聞きください。有料ですが、一見の価値どころか百見の価値、千見の価値があるといっても過言ではありません。これを聞くと聞かないとでは文字通り天国と地獄くらいの差があります。聞いて信じて実行するかどうかは貴方次第ではありますが・・・・・・。

知らないでいるのは非常にもったいないです。

聞かなければ「報われる人生」を選ぶことも「報われない人生」を選ぶことも出来ません。あ、いい間違えました。
聞かなければ「報われる人生」を選ぶことが出来なくなる可能性が大いに大wこれは過言でも大言壮語でもないです。と、言い切ってしまいましょうw

聞いてどちらの人生を選ぶかはあなたの「自由意志」です。

別に読んで実行しなかったからと言って「呪われたり」もしません。神様はただいま悪人を滅ぼすことに忙しいですし、義人(神様に使える人間)を導き育てること、善良な人々を救うこと、に大忙しですから、あなたを選んで呪ったりする暇はありません。ただし、神様の行っておられる「悪人の裁き」に巻き込まれる可能性はあるかもしれません。

あまり脅しのようなことを書くと「カルト宗教」のように思われてしまう可能性もあるのであまり書きたくはないのですが、お知らせしないのもフェアではありませんのでこちらにその内容の朝会の御言葉のリンクを貼り付けておきます。
→『主はこの地上に大量のサタンを解き放たれた。だから、主の御言葉に従ってサタンに打ち勝つ方法を悟った人だけが救われ、悟れない人は救われない。これこそが聖書で預言された終末の裁きだ。』2019.11.24 RAPT朝会御言葉(※有料につきトップURLのみ)
各月の記事の購入はこちらのリンクよりどうぞ
朝の祈り会、および有料記事のパスワードのご購入

「人生をどこまでもよりよいものにし、悩み苦しみから解放されたい」という方はぜひ御一読ください。
主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

さて、今日は「ポジティブシンキング」のワナについてお話させていただきました。

ではでは、今日はこのへんで。ASINI。

---------------------

ああっと、もうひとつタイトルに書いてましたね。

【考えるな!感じろ!】英語で【Don’t think,feel!】

言葉面だけでみるととてもかっこいいように見えますね。
私らのちょっと上の世代ですと「桜井 章一」、私よりちょっと下の世代ですと「エウレカセブン」かな?最初にこの名言(と言われる言葉)を放ったのはブルース・リーだそうです。

人間に考える力を与えてくださったのは神様です。人間だけが物事を深く考え突き詰める能力(脳力)があります。それをやめてしまうということは
極端にいえば「人間やめなさい」ということです。「直感霊感に頼って動物的に野生的に生きなさい」ということです。

そして「ポジティブシンキング」悪いことを考えないで楽観的に生きなさい。ということでも使われますね。

どちらもとても危険です。

ようするにサタンや人間サタン、この思想を広めたい人々(支配者)に都合のよい言葉を「耳障りよく」したものです。

【余計なこと考えないで動物のようにただ言われるままにやりなさい。あなた達庶民はみんな奴隷(ゴイム)なのだから】

そんな思想に基づく考えに、耳障りの良い尾ひれ端ひれつけてカッコイイエピソードつけて語られたものです。

人間の機能というのは使わないと退化していきます。「物事を深く考えないクセ」をつければ脳が退化します。

考えの方向、脳を使う方向を間違えば「脳」が退化し、思考力低下、認知機能低下を招きます。若い人でもアルツハイマー型痴呆が増えているとニュースで言われていたことがありますが、その結果なのかもしれません・・・・・・。

奴隷として飼いならされた人間は自分が奴隷であることも気付けません。
ただ与えられたパンで満足し、たまに与えられるサーカス(娯楽)で満足してしまいます。

まさに私がそうでした。それを気付かせてくれたのが、RAPTさんであり、RAPTさんを通して語られる神様の御言葉でした。

サタンも人間サタンも実際に存在します。自分達こそが選ばれた人間だと信じ、私たち庶民を洗脳し、ありもしない恐怖を演出して縛りつけ、人間以下の動物(家畜)として食い物にするものたちが今の世の中うじゃうじゃいます。

これは、SF映画でも、マンガの世界でもファンタジーでもありません。現実に現在進行形で進んでいることです。

どうか、皆様が真実の神様を探し求めて、神様とともにサタンに勝利し、奴隷生活から抜け出すことが出来ますように。
それが私の願いです。ASINI。

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

取り越し苦労は苦労のもと。中身のないポジティブシンキングは単なる楽観主義。「考えるな、感じろ」はもっと危険-考えの方向を間違えば落とし穴に落ちる。-

オオキンケイギク 花言葉「いつも明るく」「外見より心」「まごころ」「きらびやか」「無限の可能性」

はじめに・・・・・・
 私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
 尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

さて、たいへんご無沙汰しておりました。ASINIです。

昨年、RAPT理論と出会い、RAPTさんを通して語られる「私たち人間とこの世の全てを創ってくださった真実の神様」の「御言葉」を聞き始めてから、信仰者として目覚め、ひつじ生活をはじめてまる一年。

私のブログをずっと読んでくださっている有り難い方々は、「ああ、悟りが得られずもがいてるんだなぁ」と思っていらしたと思うのですが、そのお察しの通り、ずっともがいてました。

やはり「40年」サタンの思惑にハマりまんまと洗脳され堕落して生きてきた、その長い年月、穢れも洗脳もクセも強く深く、サタンの提唱する「世の中の価値観」が拭えずにずっと苦しんでいました。

とは言っても別に何か神様から裁きを受けたということはありません。

「11月11日」の主とRAPTさんの祝祭の日も11月10日から心の奥から湧き上がるような喜びや感動を感じることが出来、行きつけの喫茶店でいつも飲んでいるはずのコーヒーが一口飲むたびにやたらめったら美味しくて香り高くて感動してました。
11月11日の朝などはもう嬉しくてじっとしていられず、朝の3:30から、近所のスーパーのだだっ広い駐車場まで車を走らせ、車内で賛美歌を歌い、うれし泣き。

幼い子供の世話などで生活に追われ、残ったわずかな時間でしか義の条件をたてることができず、能力も悟りも中々得られずにずっと伸び悩んでいた私。どう客観的にみても義の条件が、神様の基準に達していなさそうな私。そんな私に憐れみと慈しみを下さいました主の寛大さと大きな愛に心から感謝を申し上げます。

前回の記事を書かせて頂いた後、小さく個人的な悟りなどはちょこちょこありましたが、さほど皆様にお話するような内容ではないことばかり・・・・・・。

そうこうしている間に、

【神様の最後の審判が本格的に始まる】という御言葉があり、その審判のために【地上に大量のサタン】が解き放たれた・・・・・・。
→『主はこの地上に大量のサタンを解き放たれた。だから、主の御言葉に従ってサタンに打ち勝つ方法を悟った人だけが救われ、悟れない人は救われない。これこそが聖書で預言された終末の裁きだ。』2019.11.24 RAPT朝会御言葉(※有料につきトップURLのみ)

ただでさえ伸び悩んでいるときに放たれた大量のサタン、その逆風にあらがうだけで精一杯。「外側よりも先に内側(信仰者)側から量りにかけ裁かれる」という聖書の御言葉にあるとおり、「神様の基準から脱落するのではないか」「神様に裁かれるのではないか」という不安、心配に襲われる日々。「悪人にはお仕置きを、善人には救われないように攻撃を加えてくる小さいサタンたち」にくっつかれ、明け方の祈りの時間には祈り中「意識を落とされ」祈りを中断させられ、昼間はその辺のサタンの霊障でずっと脳裏にしつこい眠気が貼りついて頭が働かない日々。

ニュースやツイッターなどで世の悪人達の悪事悪行が次々と暴かれ裁かれていくのを見ながら、「祝祭の日にはなんとか祝福していただけたけれど、成長のない自分、付いていくのは限界なのかな?そのうち神様に呆れられて振り落とされて、いつかヤギとされてしまうのではないか、今日さばかれるか、明日さばかれるか、それとも1週間後か」という気持ちの中ずっともがいていました。

でも、そういうもがきの日常は送っていても特に何か悪いことが起こるでもなく、強い恐怖や深い落ち込みを持つこともなく、ちょっとサタンの霊障でぼやっとしてうっかりが多くなるくらいで、普通の人間としては穏やかな日常を送っていました。そして信仰生活の上でも苦しいは苦しいけれど、なんとかもがけるくらいはできていたんです。

なので、この罪に全く気がつけていませんでした。

賢明で賢い皆様は、この文章を読んでいるうちにすぐにお分かりになられた方もいることでしょう。

「自分は神様に愛されるものとして相応しくない、似つかわしくない。いつか愛されなくなる」

「そのうち、いつか、きっと、今日か、明日か、もっと未来か・・・・・・悪いことが起こるのではないか」

↑この二つの思いグセの罪

前者は神様の愛を侮り、神様の愛を疑い、受け入れない罪。

まだ信仰をしていない方はピンと気にくいかもしれません。あなたが誰かを愛していてその愛をその相手に示し、与えたとして、その愛を受けた相手が「貴方は私を愛するわけがない」「貴方はきっといつか私を捨てる。貴方が私を愛していると言うのはおかしい、信じられない」そんなことばかりを言いつづけ、疑いをかけ、受け入れなければ、いくらあなたがその人を深く愛していたとしても次第にうんざりすることでしょう。神様も同じことです。

私は神様からの愛を失うことを恐れるあまり、裁きを恐れ、神様の愛を疑う考え、愛を欲しながらも受け入れない状態になっていたのですね。このことを悟った、その翌日、次の御言葉が宣布され、神様の愛の深さを教えてくださり、信仰のズレも正してくださいました。
『私たちが救われたのは、主が真心を込めて私たちを愛してくださったからだ。だから主は、私たちが真心から行ったことだけを見て喜び、受け取ってくださる。(主から愛されて生きる人生は、人間から愛されて生きる飼い犬のような生であり、主から愛されずに生きる人生は、人間から愛されずに生きる野良犬のような生だ。)』2019.11.1 RAPT朝会御言葉 (※有料につきトップURLのみ)

そもそも、信仰者であろうともがく者に対する【神様の裁き】は【愛の裁き】であって、信仰者にとってどこまでも恐ろしい裁きというわけではなく、逆に恵みでさえあるのに、それを恐れてしまって信仰がずれてしまっていた私の愚かさ。(但し信仰を止め、神様を捨てかけている信仰者に対しては立ち返らせるためにちょっと厳しめの裁きがあるかも)もちろん、自分は出来ているという慢心はいけないが、私のような恐れすぎも罪

そもそも聖書にもこうある。「人間には自分を裁く権利すらない」勝手に自分を裁いてはいけないし、出来ている(良い)、出来てない(悪い)を判断し裁かれるのは神様である(^^;)。勝手に「自分なんかダメな人間だ」なんて自暴自棄しちゃだめですよ。人間はつくづく悩むと本当に周りが見えなくなる生き物である。

後者は俗に言う取り越し苦労。神様に言わせると「不安、心配の心を持つ罪」。神様は御言葉で事前に警告してくださっていたのに・・・・・・。
→『サタンは私たちが気付かないように私たちの中にサタンの考えを入れていき、私たち義人が主の御心を成すことができないようにしていくだろう。(サタンのこれからの攻撃の手口と、そのサタンに勝利するための方法について主が語ってくださった御言葉。)』2019.10.28 RAPT朝会御言葉 (※有料につきトップURLのみ)

気付かぬうちに「サタン」に掴まれ、握られた罪。

RAPT氏はおっしゃいます。【神様は平安の霊】【サタンは不安の霊】だと。思い通りに成長できない自分、兄弟姉妹の実力能力と活躍を見て焦る自分、そこにつけこまれじわじわと【神様の聖霊】ではなく【不安のサタンの霊】と波長が重なっていたこと・・・・・・。

実はこの罪、この何ヶ月かで犯し始めていた罪ではなく、厳密に言えば、もっと昔からこの罪は形があったものでした。これ実は私が昔から持っていた私の考えグセであり、思いグセだったのです。

私は昔から何かにつけ、やる前から「失敗したらどうしよう」「断られたらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」とやってもいないのに、そのマイナスの場面を想像してぐるぐると思い悩むクセがありました。

そんな「取り越し苦労」だけでなく、「思い出し苦労」までもしていました。「思い出し苦労」とは、過去の失敗や嫌な思い出などを繰り返し思い出し、思い返しては「あの時こういうことをやってしまった」「あの時こういう風にすればよかった」とぐるぐる思考するやつです。

この「取り越し苦労」「思い出し苦労」、やっても百害あって一利なし、時間のムダ。何の進歩も発展もなく、ただ、落ち込み、不安に陥り、「何て自分は駄目なヤツなんだろう」と自分を裁き、サタンに同調し、着け込まれ、さらに不幸になる・・・・・・。まさにムダムダムダの地獄のスパイラル(^^;)。

神様にであってからしばらくは神様の聖霊に満たされ(神様は信仰を初めて間もない人、神様の愛に気付き愛を返してくれた人にしばらくの間めっちゃ聖霊の祝福を送ってくれます。これをRAPT氏は初恋の状態と呼ばれてました。)そんな無駄に不幸になる考えクセも吹き飛び、祝福に満たされて生活していたのですが、半年もすると聖霊が消え、どんどん次元をあげていかなければ聖霊に満たされなくなってきて、その昔からあった思いグセ、考えグセが、悔い改められていない罪として形となり、犯してしまっていたわけです。

サタンや人間サタンにちょっとチクっとコメント入れられただけで、そのことをいつまでも考え、こう来たらこう言ってやろう、こうこうこうやって来るやつがいたらこう行動してやろうと、ちょっと形を変えて取り越し苦労は行われてきたわけです(^^;)。

イエス様も聖書(※)でおっしゃっていたにもかかわらず、私はどこまでも「取り越し苦労」の考えグセの罪に気付かず、それを続けていたわけです(ー△ー;)。本当にもう中高年って頭が固いんだから・・・・・・。それを考えている間はそのサタンや人間サタンのことを考え、神様のことに気がいってないわけです。サタンに愛を与えているようなものです。

※マルコによる福音書13.10-13.11)
しかし、まず、福音があらゆる民に宣べ伝えられねばならない。引き渡され、連れて行かれるとき、何を言おうかと取り越し苦労をしてはならない。そのときには、教えられることを話せばよい。実は、話すのはあなたがたではなく、聖霊なのだ。

そんなわけで、私はこの「取り越し苦労」「思い出し苦労」の罪から脱却すべく、また頑張っております(^^)。

長いタイトルつけちゃって、文章も長くなると話がぼやけてきちゃうので続きはまた後日。

---------------------
「人生をどこまでもよりよいものにし、悩み苦しみから解放されたい」という方はぜひ御一読ください。
主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

もう虚しいダイエットともさようなら、人の目も人の評価も気にしない。これからは「自分の人生」をどこまでも力強く生きる

オオマルバノホロシ 花言葉:「騙されない」「あなたを欺かない」

はじめに・・・・・・
 私は【RAPT様が提唱する新時代のキリスト教を信仰する者】 です。
このブログは【神様がRAPT様を通して仰られた御言葉に従おうとして生活し始めた私の、
「ひつじ生活」】で得た悟りや、神様からの受けたと思われる導きと祝福のお話
をしています。
  【志を共にする兄弟姉妹のひつじ生活】の 悟りのヒントや、【今ある宗教は何か違うと思って信じることが出来ない。でも神様はきっといる。】と思って生きてきた方々への福音となれば幸いです。
 尚、現在この世の中に無数にある既存の【キリスト教の宗派】や教えとは似て非となるものですので、現在自分が教えられているキリスト教の教えや他の宗教が正しいと信じてやまない方々は御覧になられても時間の無駄となるかと思います。そのような方は、読むのをお控えくださいますようおすすめいたします。尚、この前書きを無視されて私のブログを読み、感情的な誹謗中傷などのコメントなどを送って頂いても、一切リアクションせず、削除いたしますのであらかじめお知り置きください。

おはようございます。ASINIです。

最近はとても身体も心も調子よく、自分を高めることに専念できてきました。
明け方に神様へ祈り、御言葉と聖書を読み、大好きな山野草雑草を探して野山を散歩し図鑑とにらめっこ。ヘタの横好きのウクレレを手に取り練習、そしてちびすけのいない時間を見計らって体力づくり・・・もう大忙しです。
大忙しですが、とても充実し楽しい毎日です。

それもこれもRAPTさんのRAPT理論に出会って、神様の御言葉に出会って、人生を成功に導く方法とそのための努力の仕方をこと細かく教えてもらったから・・・・・・。

今までの私は、「本当に自分のため」に努力したことがなく、あれやこれやと理由をつけては周りの人に合わせ自分のやりたいことは捨て、諦めてきた日々でした。自分が好きな人のために役に立ちたい。そんな想いを抱いてそのために努力する毎日。もちろんそんなものは自分の個性や才能に合う訳が無く、精神も身体も擦り切れさせる日々。

そんな日々の中で私は【過食症】という摂食障害に陥りました。

摂食障害の中で【拒食症】というのは有名ですね。過度なダイエットや自意識の末、太るのを恐れるがあまり、食べる事そのものが恐怖となり【食べる】ということが出来なくなる病です。単に「太りたくないから食べたくない」ではなく、食べることが本当に怖くなる病気だそうです。なので、その精神(こころ)を治すことが先決で、ムリに食べさせようとしても身体が受け付けず、栄養不足で衰弱し亡くなっていく方が多い病です。

その逆に【過食症】とは、自分の受けたストレスを解消する為に【食べること】に走り、いつしか食べることをやめられなくなる病です。この過食症は栄養不足からもなることがあるそうですが、他に精神的なスイッチもあるそうです。それは「愛情不足」だといわれています。愛情に飢え満たされない心を美味しいもので満たそうとしてしまうらしいです。

その症状とは、どこまでも「食べる」こと。テレビでよく見る「大食いタレント」と呼ばれる人たちもこの「摂食障害」を患っている人が多いといわれています。

私の場合だと、夕食をおなか一杯に食べても1時間後には小腹が減り、2時間過ぎると空腹で胃痛がしました。なのでその胃痛を和らげる為にまた食べてしまう。起きていればそれだけお腹が空くのですぐ眠り、昼間の起きている時間は何度でも食事をしてしまう。特に私は夕方から夜にかけて過食することが多かったです。
会社の帰りにコンビニやスーパーによって食べ物を見ると、もうその食べ物から目が離せません。目の前にニンジンをぶら下げられた馬のように、その食べ物を手に取りカゴに入れるまで目が離せなくなりました。

大食いタレントさんの足元にも及びませんが、私の最大食べていた時期は、コンビニ弁当大盛1個、大盛の冷やし中華1個、肉まん、あんまん、カレーまん、ピザまん、テリヤキチキンまんを一気に平らげた後、ショートケーキ3個をデザートにペロリ、「なんでこんなに食べてるんだろう?」と思いつつテレビを見ながらポテトチップスなどのスナック菓子を2袋完食して、お腹が空かないうちにベッドに入り眠る。そんな日々を過ごしていたことがありました。

そんな生活をしていれば当然太ります。激太りします。1ヶ月で10kgは軽く増えます。大食いタレントさんが太らないのは食べた量に胃腸の消化が追いつかず吐き戻していることも多いからです。食べては吐くを繰り返すというヤツですね。私の場合は残念ながら消化吸収してしまって10kgのムダ肉の出来上がりです。その増えた体重に驚き、無理なダイエットを3ヶ月ほどして3kgほど痩せ、また過食症がぶり返しまた10kg増加を繰り返し、一番ひどい時には60kg近い体重になってしまいました。体脂肪率は40%。高脂血症となり、ホルモンバランスも崩し、多のう胞性卵巣症候群にもなりました。おかげで生理が1ヶ月2ヶ月来ないのは当たり前、ホルモン剤のクスリを飲まなければ半年も生理がこないという時もありました。異常な食欲と子宮にたまる血液でどんどん膨らむ下っ腹。何度会社で心無い人に「あいつ妊娠してるんじゃないか?」と陰口を叩かれるのを聞いたことか(^^;)

ありとあらゆるダイエットを試みました。これからどれかのダイエットをやってみようと思っていた方のためにご参考までに・・・

・リンゴ断食などの単品ダイエット(3日で多少体重は落ちますがそれ以降は効果なし、途中で過食がぶり返し終了)

・楽して痩せられるというプロテイン、カロリーカットや代謝アップなどの健康食品。ほとんどの場合一ヶ月分1万円、3ヶ月3万円かけて3kgやせ、やめて2週間で3kg戻りました。

・糖質制限ダイエット(最初のうちこそかなり痩せましたが、後半エネルギー不足&脂肪過多に陥り、すぐに痩せにくくなりました。何より身体が痩せるよりも、劇的にお財布が痩せていきます。偏った、偏った味になりがちなのでウンザリしてきます。そのうち脳がエネルギー不足となったのか、やめた後大量の炭水化物や糖質を欲する過食が再発しました。)

・ヴィーガン食(いわゆるベジタリアン食、自然食、肉・魚・卵・乳製品は食べません食。一見健康そうに聞こえますが、たんぱく質・脂質不足に陥ります。たんぱく質摂取の頼みの綱の大豆から摂取できるたんぱく質は肉と比べてほんのわずか。食べ過ぎれば女性ホルモン様物質といわれるダイズイソフラボン過多となりホルモンバランスを崩す原因に。私は乳腺が硬くなりしこりができ、乳癌検査を2度受ける羽目になりました。
慢性的、脂質、たんぱく質不足はツケとなり、のちに中程度のうつ症状・物忘れなどの症状に悩まされました。)

これら巷にあふれる簡単ダイエットは全て一時的な効果で終わりました。 健康になりたい、美しくなりたいと思ってやっていた努力はすべて逆効果、身体を不健康に導く結果となりました。

皆さんの中にも、「ダイエットマニア」と呼ばれるほどダイエット方法や情報を試しては挫折を繰り返した方はいらっしゃると思います。ダイエット中って本当に辛くて虚しいですよね。まわりの人々は好きなものを美味しく食べているのに、自分は一生こんな食事制限を続けなくてはならないのかしら?体重計を気にして一喜一憂、たいした結果も出ず、落ち込んでいく自分。そんなこんなで40数年・・・・・・

きれいになりたい、うらやましがられたい、モテたい、ちやほやされたい、可愛い服やきれいな服を着たい、誰かに迷惑かけたくない・・・エトセトラetc.

そんなもやもやと葛藤を抱える日常に一筋の光が差し込みました。

RAPTさんの語られる神様の御言葉】

それを聞いて気が付きました。私が努力をしていたのは結局全部「人に良く見られたい、かっこつけたい」っという見栄や欲望のためだったこと。自分のために努力しているつもりで、結局「人からの評価」のためにやっていたことだった。ということ。

で、ダイエットするのはすっぱりやめました。金輪際、もう2度とやらないでしょう。

え?なんですか?そんな悟り、巷の自己啓発レベルの話でもできるだろって?

そうですね。「ここまで」なら、そのレベルでもできる悟りです。「ありのままの自分でいい。そのままの自分でいい」でとどまるなら、巷のスピリチャルやメンタルセミナーの次元です。

早まってはいけません。神様の次元はそんなもんじゃありません。神様の御言葉のチカラはここからです。

【全ての欲を一度全部捨てなさい。→捨てた分、あなたが私のために捨てた以上のものをあげよう。

【人の基準は立場や状態、時代様々なものでころころ変わる、人からの評価や愛を求めることは虚しいからやめなさい。→神様の基準は不変だから神様の評価を求めなさい。

【他人のためにする努力は虚しい、自分のためにする努力もまた虚しい。ただ一心に神様を愛し神様のために努力をしなさい。それが人間にとって一番の幸せである。

なんて、力強い(^^;)。

この部分だけ聞くと、「いやいや、ちょっとそれ?本当に大丈夫?なんかのカルトとかなんじゃ・・・?」と心配され、敬遠される方もいらっしゃることでしょう。

もしカルトならばこの教理を有無を言わさず押し付け(洗脳)してくることでしょう。

しかし、真実の神様は違います。その理由、そうおっしゃる理由を、私たちが納得できるまで、理路整然と順を追ってお話してくださいます。聞けば聞くほど疑いが晴れ、納得していきます。一つ一つの御言葉を聞いて謎が晴れ、疑いが晴れ、どこまでもすっきりとしていきます。

それが神様の言う「悟り」です。

「悟って」従ってみると今まで自分のしていたことがどれだけ虚しいかはっきりとわかります。

【曖昧で、もやっとした目標に向かってする努力】

【はっきりと正しい目標が設定されていて行う努力】

どちらの努力が力みなぎるでしょうか?
やっている行動、見ためは一緒でも、中身は全く違います。それこそ雲泥の差、天地の差です。

「この道を行けばどうなるものか、行けばわかるさ」で、間違った道を行ってしまったら目も当てられません。バカヤロウと言われ張り倒されるくらいなら良いですが、人生100年という時間はそんな長くはありません。大バカヤロウになってしまうかもしれない道に向かって全力で走れる人が何人いるでしょうか

ですが、神様のために生きると決意したなら、「神様は力強く」あなたの正しい道を教えてくださり、間違った道を行った時にはその道を閉ざし、間違っていると教えてくださいます

そして、神様はあなたの努力と想いを事細かに熱いまなざしで見つめて見守ってくださり、そこここに神様が基準ラインを設けてくださり、私たちがその目標ラインに到達した時には想像も出来なかったプレゼント(祝福)を与えてくださいます。

【神様は私たちを愛してくださり、私たちに命を授けてくださいました。私たちが神様に貰ったたった一度の人生をどこまでも力強く歩み輝かせて生きることが、神様の願いです。】

ですから

【神様に従って神様のために生きること】は神様の奴隷になることでは決してなく、どこまでも「自分の命」、「自分の生」を輝かせて生きることなんです。

だから私は、

「人からの愛(評価)を捨て」

「自分のための努力を捨て」

「神様の愛を求めて生きる」

ことにしました。

くだらないダイエットなんかやってる場合じゃありません。
痩せたい、きれいになりたい、という虚しい目標は捨て去りました。

そのかわり神様のためにどこまでも働けるようにという新たな目標のために。
ジムに通い、有酸素運動をし、筋トレをし・・・・・・
あら不思議ダイエットが目標だった時には、あんなに苦痛で苦行だった運動が、全く苦ではなくなりました。
苦行どころか物足りないくらいです(^^;)

実は、さらに嬉しいオマケもつきました。どちらかというとこちらの効果の方が大きいですが・・・
人からの評価を気にしなくなったので、どこまでも気が軽くなり、ストレスがほぼ無くなり、神様の愛にも満たされて、過食が自然と収まってきました。 人からの陰口や悪口も平気のへーですw(反省すべきところはしっかりと反省しますが)
筋トレのおかげで筋力がつき筋肉が引き締まってきました。 体重は量ってないのでわかりませんが、 実質的に手足、身体がどこまでも軽くなり颯爽と歩けるようになってきました。

「捨てた分、あなたが私のために捨てた以上のものをあげよう。」 神様に二言なし。ですね。

これからは神様のために、神様と一緒に、「自分の人生」を力強く踏みしめて生きていきたいと思います。

本当に正しい健康的な食生活とは。
【もう悩まなくていい!】さようなら。菜食主義。本当に健康によい食事をとろう。KAWATAのブログ

「健康になりたいあなたへ」試す価値あり!超カンタン「酸素」吸うだけ健康法。KAWATAのブログ

「飲むだけでキレイに」は嘘!美容サプリメントの実態と真実。KAWATAのブログ

あなたの健康法、本当に大丈夫?「減塩」「糖質制限」は超危険!その意外な真実とは。KAWATAのブログ

その「美容法」ちょっと待った! キレイになりたい女性が注意すべき現代美容のワナ。KAWATAのブログ

---------------------

おっと、忘れるところでした。
「人生をどこまでもよりよいものにし、悩み苦しみから解放されたい」という方はぜひ御一読ください。
主と愛の関係を築くなら、主が持っている全てのものを共有してくださるから、人生を生きる上で不足するものがなく、必要なすべてのものに満たされて生きられる。RAPT有料記事(2019.8.26)

RAPT理論とは
RAPT-YouTube

この世の真実と真実の神様のことをまんべんなく知りたい方はコチラ(※有料記事含む)
RAPT Blog by RAPT

最新のものも含めてRAPT理論をわかりやすく解説しているのがコチラ
KAWATAのブログ

KAWATAとNANAのRAPT理論ーYouTube

志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136